GOATオーバーランディングトレーラー

小さいけど、格好いい!

GOATオーバーランディングトレーラー公式HP

動画で確認!

国ユタ州に本拠をおくHINCKLEY OVERLANDINGが開発した「GOAT」ですが、元々はATVの牽引のために作られたトレーラー用です。

かに、動画でもATVが牽引していますね。

ので、コンパクトというか小さくてかわいい、ないしは格好いいって感じの物になっているんですね。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

って、どこまでっもワイルドで、どこにでもどこまでも走っていけそうでしょ!

際に、オフロードキャンピングトレーラーとして開発されているので、オフロードは大得意なんですけどね。

の為に、車高を上げてオフロードタイヤを履かせ、荒れた路面を走行してもスタックすることなく走行できる構造となっています。

体は14ゲージの頑丈なスチールシェル構造になっていて、3/16インチ鋼板ベースを使っているとのことですが、具体的には、おっさんには良く分かりません。


スポンサーリンク

だ、最低地上高が高められ、それに対応しコーナリング等も含めて、常に安定したした走行が出来るようにサスペンションが設定されているようです。

あ、とにかく頑丈な「GOAT」ですが、重さはわずかに385kgしかありません。

って、750kg制限を超えないので、牽引免許は不要です。

た、この軽量ボディもオフロード性能を高めまる事に寄与しています。

の軽さだからこそ、ATVで牽引できるという事でしょうが、当然、ジムニーシエラななら、余裕で牽引できると思います。


スポンサーリンク

イズは970x1600x690mmで容量は1,060Lとなっていて、十分な量のアウトドアギアを搭載できます。

なみに、ジムニーシエラの車幅は1645mmですから、幅は全く問題無いでしょう。

レーラーの方の幅が広いと、凄く気を使うと思いますが、GOATならその心配はなさそうです。

プションも豊富なようで、ソーラーオプションを含む電力制御パッケージ/ライトパッケージ/冷蔵庫とギアスライダーパッケージ/高出力低エネルギーLED照明/通信、監視ビデオ用の10フィートマスト/多数のテントと日よけのオプション/オーバーランディングギアとアクセサリオプションなどがあります。

ーフトップにはテントを装着可能なんですが、筐体が小さいので少し不安かもしれませんが、GOATのボディは頑丈なので見た目以上に全然安定しているようです。

り付けるとしたら、冷蔵庫とアウトドアギア スライダーパッケージは必須かな。

外の調理に必要ですものね。

じく、水タンクパッケージとライトパッケージも装備したいですね。

れと、ソーラーパネル付きの電源管理パッケージも付けたいです。

あ、ルーフテントも欲しいし….

格は本体のみで1万1,499ドルからですから、130万円を上回りあす。

際には、「GOAT」の利用が想定されるほどのオフロードは日本には存在しないでしょうが、その無骨さは、やっぱり魅力的ですね。

お、嬉しいことに、けん引車に合わせた色、または鮮やかな8色から選択可能です。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA