山梨清里に再ブームを!

1日1組限定プライベートキャンプ場「untitled」始動

1日1組限定プライベートキャンプ場「untitled」紹介HP

梨、清里高原、懐かしいです。

から40年以上前に、一大ブームになり、おっさん、もろ世代ですから何回行ったか分かりません。

るときは、GWに行ってしまい、須玉インターから中央高速道路で帰ってこようとしても、全く車列が進まず、17時か18時に高速の乗ったのに、家に着いたのが翌日の1時なんて事があったくらいです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

終的にこのときは、高速を諦めて、塩山から奥多摩に抜けるルートを使ったのですが、全く動かないので、下道にも出られない有様でした。

ルクポッドをはじめ、女の子が好きそうなお土産屋さんやオルゴールミュージアムとかレストランとか、それはそれは賑やかでした。

みの日は、竹下通りの様相だったのです。

も、時は流れ、今はまるで巨大な廃墟群になっています。

や、正真正銘、廃墟群ですね。

一、昔ながらに残っているのは、清泉寮で、ここは何も変わらず、まるで時が止まったかのように営業しています。

いうわけで、ことのほかいろいろな思い出が詰まっていて大好きな所なんですが、今は行くとこが無い寂しさ。


スポンサーリンク

も、場所は本当に素晴らしくて、満天の星空やハイキングコースなど、魅力たっぷりです。

ちなみに、清里高原ホテルに泊まると、天体ドームがあって観望会に参加できます。

れはそれは綺麗ですよ!

があれば、ちょっと古めですが日帰り温泉もありますし、八ヶ岳高原ラインは絶好のドライブコース、特に紅葉の季節は最高です。

置きが長くなりました。

里、おっさんの家からだと2時間半くらい。ちょっと出かけるには最高の場所なんです。


スポンサーリンク

こがまた活性化してくれるなら、こんなに素晴らしい事はありません。

こで、ご紹介するのが 1日1組限定プライベートキャンプ場「untitled」なんです。

は空前のキャンプブーム。

も、一から全部揃えてキャンプするのも、費用や技術の面で心配。

といって、これまた流行のグランピングは、費用がかかりすぎる。

んな方に最適かも知れません。

ライベートキャンプ場「untitled」は、山梨県北杜市、「清里駅」徒歩6分の好立地に、サウナ付きの1日1組限定キャンプ場として2022年OPENします。

ャンプ道具は全て現地で無料レンタル、徒歩圏3分内にコンビニがあり、他も徒歩圏内に地元食材を置いたおみやげ館もあるので車でも電車でも手ぶらでいっても大丈夫!

便がない状態&気心が知れた仲間内でキャンプとサウナを堪能するのにもってこいです。

前に、食材を揃えていかなくても、その日の食材を現地で購入すれば本格的なキャンプを楽しめるので、初心者であってもも、本当に気軽にかつ手ぶらで行けるのは、とにかく素敵ですね。

宿泊&BBQ施設/直火スペース/サウナ&水風呂。設備は常設、あとは楽しむだけ。

お、キャンプ用品は、初心者の方でも使いやすいレンタルギアを用意してあります。

大8人の宿泊を想定して以下のセットが用意されています。

テント、タープ、寝袋、マット、焚き火台、イス、テーブル、ランタン、まな板、食器、カセットコンロetc.

タオルなどの消耗品は現地チェックイン時にオリジナルのものを購入できるようにする予定。

お、現状としては、4名が宿泊できる宿泊棟もしくはグランピングテントを1棟設置することが決定しており、どちらであっても暖房器具は設置される予定です。

ーん、ここの施設利用してみたい。

天等悪天候で困ることも無いし、食材が近場で調達できるのは嬉しい限り。

流シェフの料理を大自然に囲まれて食すという事は出来ないけど、手軽にリスク無く大自然と一緒になった宿泊が出来るのは嬉しい限りですね。

っと、一回、行ってみるような気がしてます。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA