ガリッ!!! あっ、ホイールやっちまった。 Holts

ガリ傷、悲しい。

平率の低い大口径ホイール履いていると、ちょっと油断するとガリってやっちゃいますよね。いわゆるガリ傷です。ホイールは、口径が大きくなればなるほど高価になるので、本当に残念な気持ちになります。

っちまったときの対策
1.諦めてそのまま乗る。
でも、せっかくのホイールが台無しですし、まるで運転が下手な人が乗っているみたいに見えます。まあ、下手だから傷つけたともいえますが。(笑)
2.リペアテープでごまかす。SOFT99 ( ソフト99 ) ホイール貼るだけシート

簡単にできますが、今度は逆に、補修用テープが目立ってしまったりします。とほほ。


スポンサーリンク

3.一応、自分でリペアする。
このとき便利なのが Holts(ホルツ) アルミホイール用 アルミパテ です。

コツは、しっかりsandpaperかける事と出来ればホイールを外しての作業が大事かと。
ただ、素人仕事なので、遠目には綺麗ですが、近くに寄るとばればれレベルです。


4.専門業者でリペアして貰う。
お金はかかりますが、全く分からないレベルに綺麗になります。1本1万位からの金額かと。随分、お世話になりました。せっかく高いホイールを手に入れたのだからこそ、これが結局一番かも知れません。ただ、やっぱり、お金が….

らかしてしまった物は、上記の方法で対処するしか無いですが、ホイールをガードする物があれば、そもそもガリ傷は出来ないはず。

こで、予めホイールリムにガードテープ貼ってしまうという方法があります。

も好きに変えらるので、ファッション性も高いかも知れません。これも、綺麗に貼るこちは、ジャッキアップして、タイヤホイールが空転するようにしてやると、貼りやすいです。
ハセプロ マジカルカーボンリムガードⅡ


サイズ等は、ハセプロHPご覧ください。

実際に、自分の車にアロイゲーターを装着するまでのつなぎで使っています。赤を買ったのですが、ちょっと派手すぎるので、油性マジックで汚してシックな感じ?にしました。

極は、アロイゲーター。取り付けは、空気を抜いて行うので、ジャッキアップは必須事項になり、空気入れが無いと自分では作業が出来なくなってしまいますが、テープと違って、物理的にしっかり付いているのでガード性は格段に高くなっています。また、色も変えられるので、ファッション性も維持できます。オススメは、これかな。実は、もう購入済みなのですが土曜出勤が続いているうちに寒くなってしまい手つかずですが、春にでもこちらへの交換を予定しています。

あ、当たり前ですが、ぶつけないのが一番です。











Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA