Wax、コーティング剤の比較

エントリーは、パーラマックス・カストロール コーティングプロ・LIFELEX カーコーティングミスト・Stoner Speed Bead・WAKO’s バリアスコートです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

日書いたように、Wax、コーティング剤の比較をしてみようと考え、中古のボンネット買いました。

ので、そのボンネットに手持ちのWax、コーティング剤を施工してみました。

は未施工、2パーラマックス 3カストロール コーティングプロ 4LIFELEX カーコーティングミスト 5Stoner Speed Bead 6WAKO’s バリアスコートとなっています。

まかに、2パーラマックスは一応液体Waxに分類?でも、コーティング剤のようでもあります。 3カストロール コーティングプロ 4LIFELEX カーコーティングミスト6WAKO’s バリアスコートはガラスコーティング系 5Stoner Speed Beadは液体Waxとなります。

パーラマックスは、おっさんが、どんなに他のコーティング剤等に浮気しても結局使っている、大のお気に入りです。

れまでも、下の記事を書いていますので、どうぞ。

コーティング剤 Permaluxe 4週目

コーティング剤 Permaluxe 3週目

コーティング剤 Permaluxe 2週目

えっ、難しい! 車のコーティング!! Permaluxe ‎

カストロール コーティングプロは、カストロールといえばオイルなのに、そこが作った物はなんだろうって事で買ってみました。


スポンサーリンク

LIFELEX カーコーティングミストは、たまたまいったコーナンで見かけて、買ってみました。驚異的な安さです。

Stoner Speed Beadは、ガラスクリーナーとガラスコーティング剤を一緒にしたClean&Repelという商品が良かったので買ってみました。

WAKO’s バリアスコートは、オイル添加剤等で高評価のWAKO’sさんの製品です。

れぞれの施工は、各HPに詳しいですが、基本的に洗車をして汚れ等を落として、スプレーして使う的な感じです。

来は、ボディーの水分を拭き取ってから使う物が多かったのですが、5Stoner Speed Bead以外は、濡れたまま施工できます。

外と虹ムラが出来てしまったり、白ボケを拭き取るみたいなことも多かったコーティング剤ですが、今回は、特に問題無かったです。


スポンサーリンク

Stoner Speed Beadは液体Waxの分類ですから、拭き上げが必要になってしまいます。ただ、このWax、ココナッツミルクのよな独特の臭いがするのですが、これが結構気分を上げてくれるので、拭き上げも苦になりません。

てさて、施工してみると、直後では違いが約分かりませんね。輝きも、特に大きな違いを感じませんでした。

れぞれ、疎水とか撥水とか謳っていますが、まあ、何を使ったかは別にして、よく手入れされて水を弾いているなという印象です。

 

ころが、一週間おいたら、違いが分かるようになってきました。

*一週間の間に4回から5回ほど雨に降られています。画像を撮る前に、柔らかめの洗車ブラシで汚れを落としています。

週までの結果では、カストロールが良さそうですね。

週が経ちました。結果は、以下の様になっています。

施工の筈の場所が、予想以外に水弾きしているのは、今回施工した水を必要としない自動車洗浄剤 Agua Mirai PROFESSIONAL がかかってしまったからのようです。

験の仕方が悪いのか、あまり違いが分かりませんが、やっぱり、カストロールが良さそうですね。

と少し、晒してみて、少ない種類で、再検討しようかと思います。

ヶ月ほど、立ちました。カーシャンプーで洗った後の結果です。

工後2週間ほどの水を必要としない自動車洗浄剤 Agua Mirai PROFESSIONAL(一番左側三角の部分)は、まだまだ十分なWax効果があります。

すがに無施工の所よりは水キレは良いですが、他は再施工をしないと駄目そうですね。

の中でも、WAKO’s バリアスコートが頑張っている感じです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA