ラパンSS用に、新たに買った便利グッズ その1

古い車なので、準備が肝要かと思いまして

1997年製のClassic Miniを買った時などもそうだったのですが、古い車を弄るには、それなりの準備が必要です。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

だ、Classic Miniを所有していた時は、現役バリバリで時間も無かったので、たまたま比較的近くでClassic Miniを専門的に扱っているお店があったので、たいていのことはそこに依頼していました。

つて、若かれし頃は、マフラー交換とか自分でしていたので、お金も無いことだし再挑戦ということで準備をしました。

分、一番の難敵は、マフラー交換かな。

温や水分に直接ボルトナットが晒されていて、固着しているだろうし、もしかしたらナットの山を舐めてしまうかも知れません。


スポンサーリンク

こでまず、氷結潤滑浸透剤を用意しました。

KURE 凍結浸透ルブ 1433 480ml

あ、コレを使う前に、同じくKUREの5-56は吹きかけておくつもりです。

れで駄目なら、バーナーでボルトナットを熱する作戦になりますね。


スポンサーリンク

も、リフトで上げる訳では無いので、作業に心配があり、出来れば避けたいです。

れと、ボルトナットを、もし舐めてしまった時用に、ボルトナットエクストラクターも準備しました。

らに、マフラー用に使えるかは不明ですが、他の錆びたリ舐めたりしたねじようにバイスグリップも用意しました。

れと、根板はあるのですが、キャスターの分余計にジャッキアップしてウマで固定しないといけないので、滑りが良いレジャーシートと、それだけだと冷たかったり痛かったりするので、クッションマットを用意しました。

ッションマットは、これからバンパー等の大物を外して置くときも使えるので良いかなと考えました。

は、多分汚れきったエンジンルームの洗浄用に色々買いました。

番は、KURE フォーミングエンジンクリーナーですね。

状の洗浄剤が、汚れを浮き上がらせ、簡単に水で洗い流すことができますが、電装品のカバーが必要なんですよね。

い車だけに、使える部分が限られるかも知れません。

こで、水洗い不要のクリーナーも用意しました。

KURE エンジンルームLOOX

レなら、拭き上げるだけなので、簡単ですし電装品に気を使う事もありませんね。

いう分けで、これらを駆使して挑戦してみます。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA