ブレーキキャリパーとドラム塗ってみた

赤は恥ずかしいので、黒にしました。

パンSS、古い車なのでキャリパーやらドラムやらに赤さびがあります。

ャリパーは、もらい錆か錆の粉が焼き付いているのかも知れません。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ずれにせよ、せっかくお気に入りのアルミホイールを履かせても、その内部が錆錆ではどうしようもありません。

にかく、車齢が高い事をさらけ出しているような物です。

すから、塗装することにしました。

までも、BMW318iやClassic Miniのキャリパーを塗ったことがあります。

の時は、キャリパーとそうと言えば赤でしょって事で赤にしたのですが、ノーマルのキャリパーは、弱々しい大きさなので、赤にしたことでむしろそれが強調されてしまう傾向がありました。

まあ、赤にするとそれなりにレーシーな感じににはなるわけですが、今回は弱々しい感じが嫌なので、黒にしてみました。


スポンサーリンク

イヤを外して、ウマをかけて、まずは洗浄です。

こで先日買ったジャッキが活躍しました。

たくて扱いづらいのは困りものですが、リフト量が大きいので、余裕でウマをかけることができました。

浄は、ウルトラハードクリーナーの類いが良いかと思います。ただし、ゆすぎはちゃんとやらないと駄目です。

プレーして、3分ほどしたら高圧洗浄機で洗い流します。

量に、黄色い水が流れ落ちました。


スポンサーリンク

分に洗浄液を洗い流し乾燥させたら、パーツクリーナーを吹きます。

った油分が完全に落ちて、塗料の乗りが良くなるかもという意図で使ってみました。

して、錆展転換剤を施工しました。

の転換剤が乾いたらいよいよ塗装です。

までは、スプレーを使っていたのですが、刷毛塗りの物を見つけたので、今回はこちらを使いました。

の製品、刷毛も付いているし、二度塗りしたにもかかわらずまだまだ塗料が沢山残っていました。

4台くらいは、施工できるかも。

↑一度塗り目なので、充分には黒くなっていません。

これまた一回塗りです

通の塗料と同じで、サクサク塗れます。

プレーと違って、マスキングが不要なので凄く楽でした。

度塗りの際に、ついでだからと5㎜のホイールスペーサーを取り付け、コレも塗ってしまいました。

て、仕上がり具合は正直オーナーでないと分からないですよね。

も、錆びた感じの古ぼけ感は全く無くなりました。

ペーサーの方も、さすが日本製、がたつきやシミー等ネガは一切でませんでした。

右5㎜ずつ、計10㎜トレッドが広がったぐらいでは、感じないはずなんですが、何だかとっても乗りやすくなりました。

思議です。

いう分けで、写真から施工前と施工後違い分かりますかね。

回りが綺麗だと、車が若々しく見えるので、古い車に乗っておられる方やってみたらどうでしょう?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA