釘打ちせずに壁にかけれる!? 「2021マジックタッカー 」

こりゃ便利だ! 押すだけで釘打ち完了

「2021マジックタッカー 」紹介HP

ッカーはタッカーなんだけど、いわゆる『ホチキス』の芯? 弾? とは違う物を打ち込むわけですね。

びょう? オシピン? ダルマピン? 呼び方は良く分かりませんが、下みたいなピンを打ち込む感じみたいです。

までのタッカーって、便利そうなんですが、結局使い道が無い感じで、持っていません。

ニヤにポスターを貼るぐらいしか思い付かないんです、思考が貧弱で、ごめんなさい。

も、今回ご紹介の「2021マジックタッカー」なら、使い道がたくさん有りそうです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

びょう? オシピン? ダルマピン?の類いって、日常的に使うでしょ。

あでも、刺す相手を選んで使って、どこでもっていうわけにもいかないし、重たい物も駄目なのが常です。

ころが、「2021マジックタッカー」なら、好きなところにトン! と押すだけで釘打ち完了です。


スポンサーリンク

さに、釘の代わりに使えます。

も金槌より小さく、壁につく跡も小さく、しっかりと固定してくれるのでとにかく安心に使えます。

だ、キャンプ&野外でも、屋外の生きている木にランタンをかけるときも簡単だと謳っていますが、これはいただけません。


スポンサーリンク

んながこんなことしたら、木にダメージを与えると思うんですけどどうなんでしょう?

て、打ち込める素材は、 木、石膏、プラスチック、タイルの隙間、MDF、その他仕上げ材が木でできた全ての場所に使用できます。

あ、当たり前ですが、セメント、コンクリートの壁には使用できません

荷重ですが、当然打ち込んだ素材にもよるでしょうが、なんと10キロのバーベルを支える固定力だそうです!

さか、このピン10キロも荷重をかける使い方は想像できませんから、十分だと思います。

っとも、経験上、石膏ボードにガッチリ固定は無理な気もしますけど….

いのは、ピンを抜いて再使用可能な事!

殊に熱処理されたピンを使用することで、打ち込んだピンを抜いて再使用できるように作られています。

のピンは、サビがつかないようにすれば、長い間半永久的に使用可能との事です。

まあ、良いこと尽くめですね。

っさんは、ウーン、使用頻度を考えると4000円ほどの出費はちょっと痛いかもです。

フィスとかに、一台あると凄く便利な感じですかね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA