置くだけでリビングがリゾートになるスタンドライト QUAVIS

まるで海!?

QUAVIS紹介HP

動画をどうぞ!

ん、良くないですか、これ?


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

の明かりの反射?の感じ、大好きです。

ういうのって、リゾートホテルの夜のライトアップされたプールで見たことがあるような気がしています。

に、照明をブルーにした感じは、それを強く想起させてくれます。

 

ずれにせよ、何だか心がフッて解放されて軽くなったような感じがします。


スポンサーリンク


れを、室内で簡単に再現できるのだとしたら、素敵すぎませんか?

○水と光の空間。
○海中のような波模様。
○まるで海の世界。

さに、そう思えます。

の照明『クアヴィス』は、本物の水の揺らぎを壁や天井に投影する間接照明です。

明内部に設置された水槽を揺らしながら、「コースティクス」と呼ばれる水面での光の屈折による集光模様を壁や天井に投影します。

ジタルでは表現できないアナログ手法ならではの圧倒的リアルな水空間を作り出しています。

さに、アナログのなせる技なんですね….

晴らしい。


スポンサーリンク

波の揺らぎパターンは「キラキラモード」と「ゆったりモード」の2種類あります。

▼ キラキラモード

▼ ゆったりモード

っさん的には、ゆったりモードが好きです。

井面の投影面積は約2.4畳~6畳の間で6段階で調節できるので、いろいろな場所に設置できそうですね。

紋の波の強さはリモコンで5段階で調節できます。明るい場所では強めの波、暗い場所では弱めの波がお勧めだそうです。芸が細かくて好印象です。

明本体の下部にはフットライトが搭載されていて、ロイヤルブルーの光が足元を優しく照らします。

るで海の上を歩いているような神秘的な空間を演出してくれますね。

いう分けで、凄く素敵なライトなんですが、価格が約16万円とちょっと手が出ません。
いろいろな調整は無理でしょうが、水を揺らす仕組みさえ作ることが出来れば、自作も出来そうです。

休みの工作にすれば、実用性もバッチリで良いかも知れません。

っさんも、お盆休みに挑戦しようかな….



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA