車、手放すことにしました!!

辛いけど、現実見ないと…


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

日、ジムニーシエラを買うことにしたと書きましたが、実は、その代わりに現有車を手放すことにしました。

在、次男のおかげで自動車税の減免が出来ているはいえ、34500(13年越える割り増しで39675)+51000+88000(減免で半額44000)=134675円払っており、その他自動車保険料が月に25000円程、年間300000円かかっています。

の他に点検整備代等諸々、まあ、ガソリン代と高速代は、3台持っていると言っても、乗るのはおっさんだけなので、燃費の差はあるもの三倍というわけでは無いのでどうにかなってました。

年前までは、何とかなると思っていたのですが、改めて計算してみたら、全く無理で、どう考えてもリタイア後は維持できないという結論に達しました。


スポンサーリンク

いうわけで、取り敢えず2台手放すことにしました。せっかく手に入れて、コツコツいじったClassicMiniを3月1日に手放しました。28万では売却できました。約5年前に50万で購入したので、数字だけ見ると悪くは無いのですが、おそらくその後の改造と整備に250万以上かかっているので、トホホですね。

う一台は、無理に無理を重ねて購入したRange Rover Sportです。どれくらい無理な価格だったかというと、先日購入を決めたジムニーシエラの総額より、たRange Rover Sportのオプションの値段の方が高かったというアホらしさです。こちらは、残債もあるので直ぐというわけにはいきませんが、4月には手放します。

るのは、2年前に80万で購入した、2007年式のMercedes-Benz W203型 C230アバンギャルドスポーツパッケージだけになります。この車、普段の足で乗っていて、結果的に一番使い勝手が良いので残すことにしました。

ムニーシエラがきたときには、手放すことになると思いますが、程度は良いので、可能なら残したいなんていう気もしていますが、多分無理でしょう。

ページで書かせて頂きましたが、18で免許を取ってから、ほんとうに色々な車に乗ることができ、また、所有することができました。それに、感謝すべきだと思ってます。


スポンサーリンク

が亡くなってからは、歯止めがかからなくなったように、無理して好きな車に乗ってましたが、無理なもの無理。いつかはこうなることは分かっていました。

月で定年を迎えるにあたり、いよいよその時期だと考えて、手放すという訳です。残念ですが、歳を取るという事は、諦める事なんですね。ただし、正しい意味での現実をしっかりと見つめて判断するという意味での。なんて格好いい事言っても、計画性が無いアホなおっさんだっただけですね。

退職後に、お金のことで色々考えるのが嫌なのと、いつまでも踏ん切りが付かないのもみっともないと思ったので、ドンドンやってしまいます。

こへの書き込みも、自分の決心が鈍らないための決心です。

あ、やるぞ!! 顛末は、また書かせて頂きます。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA