ジムニーシエラ 納車から1年を振り返って

まだ、3000km強しか乗っていません。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ず最初に言っておくべき事は、 大満足です という事です。

く言えばタフの極み、悪く言えば旧態依然のラダーフレームとパートタイム式四輪駆動。

台か乗り継いだLand Rover車の車と違って、全ては自分で決めて乗りこなす感が強く、そこがたまらない魅力ですね。

っとも、最初に乗ったLand Rover車は、DiscieryⅠのディーゼルターボのAT車でしたが、共通した乗り味がありました。

だし、もう25年近く前の車ですけど。

かに、もう一台のMercedes-Benz W205 C200は、ジムニーシエラより圧倒的の快適で、全ては車がやってくれます。

車追走のいわゆるクルーズコントロール使っちゃえば、ハンドルから手を離すと解除されてしまいますが、ほぼ自動運転です。


スポンサーリンク

れはそれで良いのですが、車に乗せられている感が強く、面白いかと言えば、感性に強く訴え来る感じはありません。

れを期待するなら、間違いなくAMGモデルになりますが、もはや買えるわけではないので、言っても意味がありませんね。

ほども書きましたが、ジムニーシエラは、まさに対極にある車です。

だ、若い頃からなんのアシストも無く、マニュアルトランスミッションで運転してきたおっさんには、むしろもの凄く身体に馴染む感じがあります。

う言えば、5年ほど乗っていたClassic Miniも全く同じ感覚でした。

にかく、乗っていて楽しいことこの上無いです。

和の車のように内装はプラスチッキー出し、鉄板がむき出しになっているところもあります。

路の走破性は、市販車では世界の中でも上位に来ることは間違いないのですが、普段は、全く使えない性能です。


スポンサーリンク

の悪路の走破性に特化しているから、走らせれば速いわけでもないし、ステアリングもクイックではなくスローです。

も楽しいんです、先ほどの走破性がある事が前提になっていれば、全てが納得できるので許せちゃうんです。

して高価な車ではないですが、いい歳したおっさんが乗っていても、決して貧乏くさく見えないで、好きで乗っている感が強く、お得な車です。

ムニーシエラに好きで乗ってるのは本当ですが、やらしいはなし、凄く貧乏見えるなら、くだらない見栄があるのも事実なので、乗らなかったともいます。

れから、大きな魅力は、弄りがいがあるという事でしょう。

茶苦茶、いろいろなパーツが出回っていますし、昭和の車のように弄るとその効果がはっきりと出てきます。

数のパーツを掲載した本を見ているだけで、ワクワクします。これは、先ほど書いたClassic Miniも全く同様でした。

費、良くないですよ。室内は、決して静かでは無いです。純正スピーカの音もショボい。時間調整式の間欠ワイパーも付いていません。乗り心地だって、最近の車の比べれば、いいとは言えません。

して、決定的に遅いです!

だ、これらを救ってくれるのが、先ほど書いた多数のパーツ群なんです。

くらでも、自分が好きにカスタマイズできてしまいます。

ムニーシエラにターボを付けちゃうことも出来ちゃます。

にした情報によると、300馬力出している車もあるみたいです。リッター200馬力ですよ!!

して、おっさんのジムニーシエラも吸排気系とECUのデータ書き換えで別物になりました。

あ、とにかく楽しくて仕方が無いのが、偽らざる感想です。

来、車は1台にせざるを得ないでよう。

の時は、ジムニーシエラを手元に残そうと思っています。

だし、マニュアルが運転できる状態であればという事になりますけど。

っさんが所有した期間が一番長い車は、SUZUKI Cappuccinoだったのですが、ジムニーシエラもそうなりそうですね。

なみに、このブログ内で『ジムニーシエラ』と検索をかけていただければ、たくさん記事が出てくるはずです。ぜひ合わせてお読みください。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA