一枚に二つの素材! 眼鏡拭き

油を拭き取ってきれいに磨く。高級マイクロファイバーを採用!

一枚に二つの素材! 眼鏡拭き紹介HP

っさん現在は眼鏡を綺麗にするのに、東レ・トレシー カラークロスとイソプロピルアルコールを使って拭いてます。

の組みあわせ、最強だと思っています。

レ・トレシーだけで、汚れはよく落ちるのですが、いわゆる眼鏡拭きのスプレーとかに入ってイソプロピルアルコールを使えば、簡単にしっかり脱脂できます。

なみに、眼鏡クリーナーとして売っている物はべらぼうに割高ですから、1リットル単位とかで買った方が、間違いなく経済的で良いですよ。

技的ですが、コロナウイルスの脂質の膜-エンベロープも破壊する筈なので、拭き掃除くらいには使えるかも。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

までも素人考えですから、やる場いには、自己責任でお願いします。

れと、眼鏡のフレームの状態によっては、白濁とか塗料のハガレとかがあるかも知れませんが、おっさんは今まで大丈夫でした。

れでも、今回の製品を見つけたので、どの程度のものなのか、確かめたたくて買ってみました。

面に特性の違う高級素材で、油分/水・ほこりあらゆる汚れを、どんなデバイスからも簡単に除去してくれとか。


スポンサーリンク

うなんです。埃の除去が新しい機能って感じですかね。

細な埃の粒子がくっついた状態で、から拭きしてしまうと、研磨剤で拭いたのと同じ事になってしまい、レンズを傷つけかねません。

も、CLEARSEE素材は、通常のマイクロファイバー繊維より半分以上細い糸を使った構造で、三角構造のポリエステルとナイロンコアとの隙間で汚れをキャッチしてくれます。

ても薄く、超極細糸なので毛羽が脱落せず、ツヤを出してくれます。

目の繊維を利用したメガネ拭きは、ほこりが繊維の外側に吸着するだけで、油分やホコリなどの微細な汚れがレンズに再付着しますが、ダブルレイヤークリーナーの素材は表面に汚れが残らないため、汚れがレンズに再付着するのを防いでくれます。


スポンサーリンク

く分からない感じでもですが、埃は吸着するイメージなんだと思います。

にかく、眼鏡・サングラスだけでなく、時計やスマホ、そしてグラスにも使えちゃうなんて、便利この上ないですよね。

いう分けで、眼鏡着用の方、如何ですか?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA