自転車の最終形態? 「Bio-Hybrid」

ドイツ発のハイブリッドeバイク


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

「Bio-Hybrid」紹介HP

動画で確認!

だか、スゲー格好いいんですけど! これで、電動自転車なんて考えられません。

も、動画を見ているとちゃんと漕いでいるので、やっぱり電動自転車なんでしょうね…

動車の安定感や利便性に、自転車の手軽さをかけあわせたドイツ発のハイブリッドeバイク「Bio-Hybrid」なんですが、日頃の移動や運送の仕事を支える新しいモビリティとして期待できるんではないでしょうか?

Bio-Hybrid」は、移動に特化したパッセンジャータイプと、運搬に特化したカーゴタイプ の2種類があります。


スポンサーリンク

本的にどちらも屋根を搭載し、天候に左右されず乗る事が出来、最高時速はどちらも25kmとなっていますので、まさに、普段乗っている自転車って感じですね。

続距離はセカンドバッテリー含めると100kmになります。まあ、十分ですよね。

たタイヤの数は、自動車と同じく4つなので、まさに自動車なみの安定した走行が可能でしょう。

っと、移動に特化したパッセンジャータイプの方は、せっかく二人乗りなんですが、日本の法律では、タンデム自転車とは認められそうに無い気がします。

の辺の法の解釈は良く分かりませんが、パッセンジャーはペダルを漕がないので、違法な二人乗りになるような気がするんです。

も、前後に子ども乗せらる電動のママチャリより、「Bio-Hybrid」の方が全然安定しているし、雨もしのげる。ちょっと、大きさが問題になりそうですけど、道交法上問題無ければ最強の子育てモビリティーになる気がします。

搬に特化したカーゴタイプ は、後部に約1,500Lのスペースを確保して、最大積載量が約200kg!


スポンサーリンク

レは、今クロネコさんとかが電動バイク+リヤカーで行っている配達を、そのまま置き換えることが出来るんでは無いでしょうか?

風もしのげるし、車よりも軽量で小回りも効くのは勿論、リヤカーを曳くより断然オシャレで取り扱いも簡単だと思います。

うです? クロネコさん。

いう分けで、なかなかおっさんが個人で買うと言う品物ではなさそうですが、今後、十分に需要が認められる分野では無いでしょうか?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA