どこでも拭ける超便利なペーパータオル「クロスペーパー」

1枚で50回も使える!

ペーパータオル「クロスペーパー」紹介HP

動画で確認!

レ、いいですね。いつも同じような言葉になってしまいますが、そう思ってしまうんです。

Cloth Paper」は台湾企業「Idea Hom」によって開発されたペーパータオルです。中華製じゃないので、期待に胸を膨らませてオーダーしちゃいました。

は、ふきんや洗車にマイクロファイバークロスを使っているのですが、以外と初期性能を維持していない感じがします。

といって、頻繁に買い換えるというのも不経済ですので、毎日洗濯しながら使っています。

も、だんだんと汚れが蓄積して、くすんできますし、やっぱり新しい物って事になってしまうので、不経済かも知れません。

ころが、今回ご紹介の「Cloth Paper」は紙なのに、1枚で約50回使えてるんですって!

ロール40枚で、定価1280円、一枚当たり32円。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

イクロファイバークロスに比べて、圧倒的に安いでしょ。

し、この一枚をきっちり50回使うと、一回当たりの使用料は0.64円。もう言うことないですよね。

うなんです、従来のペーパータオルなどは、水に濡らしたり数回使用したりするだけで破れてしまっていました。

かし、「Cloth Paper」は独自の検品規定をクリアした、通常よりも強いレーヨン繊維のみ使用している為、柔軟性・耐久性に優れていて、なんと水に濡らすと、より強度が増し、日常的な拭くなどの動作であれば約50回も繰り返し使用できるんだそうです。

枚当たりが安いので、直ぐに捨てられるし、見た目が汚いという事も無くなるので、精神衛生上も凄く良いはず。

論、こまめに取り替えることで清潔を保つことが可能なので、実際の衛生面上も凄く良いわけです。


スポンサーリンク

染症など、衛生面に特に気をつけなければならない時期だからこそ、「Cloth Paper」は一層価値を発揮しそうです。

白いことに、動画でも分かりますが、高圧の水流によって繊維を交絡させる特殊な「スパンレース法」によって製造された高密度レーヨン繊維生地によって、醤油やケチャップ、ソースなどのしつこい汚れを弾きやすくなり、水洗いのみでも汚れが落ちます。凄い!

た、「cloth paper」の表面は特殊なクロスインデント設計により、生地との摩擦を効果的に高め、汚れの吹き上げ力、吸水力を向上させてます。

いている状態でも濡れている状態でも拭き取り力は変わりませんし、拭き残しなく快適に拭き上げることができます。


スポンサーリンク

料理や掃除、仕事、日常のあらゆるシーンを1ロールで完結出来ちゃいますね。

のボディーに使ったときの攻撃性はチェックしなくてはいけませんが、ちょっと良い買い物したって思っています。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA