ジムニーシエラ ワイパー コントロール スイッチ交換した

定番の純正部品に交換です。

う前からこの定番のスイッチ交換知っていたのですが、取り敢えず、一段階ある間欠ワイパーで事足りると思って交換していませんでした。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ころが、2021年今年の梅雨、入りが遅かっただけでなくあまり雨が降っている印象がありません。

なくとも、通勤の行き帰りは、一番低速や一段階だけある間欠ワイパーにするほどでも無く、仕方が無いので、適当な特にワンタッチワイパースイッチを使っているような状態でした。

ので、間欠時間を調整できるユニットが強烈に欲しくなったわけです。

えてみれば、おっさんが車に乗り始めた時には『間欠ワイパー』はありませんでした。

ろ覚えですが、710バイオレットに乗っているときに、純正部品では存在していなかったコントロールユニットを購入したような気がします。


スポンサーリンク

動させて、その便利さに感激した記憶も蘇ってきました。

来、間欠なんて当たり前なのですが、今乗っているW205 C200は速度によって作動間隔が変わりますし、停車するとうざったくないような長い間隔になったりします。

うなんです、一部車種は、ライトのようにワイパーも自動になっていたりします。

んな事は十分 分かっていた上で、ジムニーシエラを購入したわけですが、一度少しでも便利な物を知ってしまうと、我慢できなくなるんですね。

速感応タイプでは無いですが、そこはあまり気にならない? 気にしないようにします。


スポンサーリンク

だ、リヤワイパーに間欠が付かないのは不満です。

換した部品は、『SUZUKI (スズキ) 純正部品 スイッチアッシ 品番37310-74P20』です。

 

いて驚いたのですが、純正品を表すシールの類いが箱等に一切無いのです。

っさんのこれまでの経験だと、箱に純正品シールが貼ってある気がするんですけどね。

もなかったら、何を見て品番管理しているのか不思議です。

なみに、スイッチアッシーに刻印されているのは、下の写真の通り『17J352RH >pom< ws1』です。

の数字を検索すると『SUZUKI(スズキ)/時間調整間欠ワイパースイッチ スイッチアッシ』にたどり着きますから、怪しい物では無いのでしょう。

て、交換は超簡単で、15分もあれば完了します。

しい手順は、沢山ネットに上がっていますので省きますが、

ステアリングコラムカバー下のネジを一本外す

ステアリングコラムカバーの下側を外す。
(爪ではまっているだけなので、強く引けば外れます)

上記の作業で現れる、ステアリングの根本の部分の左右のネジを外す。

コードを外す

アッシーの爪を押して外す。下の写真の黒丸の所です。

り付けは逆の手順です。

ズキ販売宇都宮東さんでアップしている動画が、親切丁寧なので勝手に載せておきます。

、交換すれば間欠時間は思いのまま、快適ですよ。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA