アウトドアで活躍するカーサイドタープ「カラップ」

ユーザーの意見から生まれました!

OUTDOOR MAN「カラップ」紹介HP

動画を見てみましょう。

うでしょう?

茶苦茶良くないですか?

から書いているように、おっさん、キャンプもしないしアウトドアを楽しむ事もしていません。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

も、これまでの人生では、キャンプもアウトドアも小学生の頃から行っていたことで、身体にその楽しさが染みついています。

も、大人になってなかなかそんな機会が無くなって、子どもが生まれたら、庭でアウトドアもどきのBBQとか庭プールとかはしましたが、それ以来、アウトドア系はほぼ皆無のまま、もう30年以上が経とうとしています。

後の車と思って買ったのは、ジムニーシエラですし、アウトドアへの郷愁(?)は残っているのだと感じています。

族構成等の問題で、自力でテントを立てるような本格的にキャンプやアウトドア系のレジャーは出来ませんが、最近は日帰りならって考えてしまいます。


スポンサーリンク

畔に車を乗り付けて、今回ご紹介のカーサイドタープ「カラップ」を展開して、その中で風に吹かれながらコーヒーを飲む。

んな事をやってみたいと強く感じさせてくれる製品です。

いうのは、価格的にこの手のものとしてはリーズナブルである事です。

たような製品で、以下の様な物もあります。

も、設置の簡単さや防水性は及ばないことでしょう。

格的な物であれば、ogawaアウトドア キャンプ タープ カーサイドリビングDX-2でしょう。


スポンサーリンク

もさすがにお高いです。

にかく、今回ご紹介のカーサイドタープ「カラップ」は、設営が簡単でこれが最大のメリットだと思います。

場に着きました。→ターフを組み立てるのに時間がかかります。→一緒に行った人が日景がなくて不機嫌になります。 って事ありがちでは無いですか?

う考えると、神だと思います。



して、土砂降りは無理でしょうが防水性を備えていて、ちゃんと縫い目はシームテープ加工してあります。

れ、買ってから自分でやるの面倒ですから助かりますね。

れとフライシートの外生地はブラックですが、内側にシルバーコーティングを施してあり、しっかりと遮光を施しているので。ブラックカラーは暑いなんて事は無いはずです。

外線もカットしてくれるようなので、特に女性には嬉しいかもですね。

の他、詳しい事はぜひHPを見てください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA