ラパンSS ブーストメーター付けました。

ユピテルのレーダー探知機で、モニターできるんですけどね。

手軽ブーストアップしてから、ブーストが安定せず色々試しているんですが、未だ完調とは行きません。

終的には、先日お話ししたようにテイクオフのパーフェクトドライブを入れるので、そこに期待しているのですが、いずれにせよブースト圧ははっきり知りたいわけです。

ピテルの【Amazon.co.jp 限定】レーダー探知機 WR70 光(レーザー)オービス受信対応 2019年 最上位モデルをOBD2接続で使っているので、ブースト圧は表示可能なのですが、レーダー探知をしていないときの待ち受け画面としてなので、常に見れるわけでは無いんです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

だ、最大ブースト圧は表示してくれているので、参考にはなります。

うやら、瞬間的に1.5キロを越える圧がかかっているようなんです。

し、コレが正しければ、燃料カット等が働いても何ら不思議では無いですよね。

あ、本当かいな?という事もあったので、ブースト計を付けました。

を見れば切りが無いのですが、遊びで買ったワゴンRの時に付けていたautogaugeのブースト計がコスパ最高なので取り付けました。

り難いことに、圧を取るためのサージタンクは、メッチャアクセスしやすいところにあるので、エンジンルーム内の作業は簡単です。

ンサーは、ちょうど良い取り付け場所が無かったので、バッテリーを止めるボルトに共締めしました。


スポンサーリンク

ょうど、ホースつぶれを嫌ってループを作った内側になります。

れまた、滅茶苦茶楽な位置に、室内へのグロメットがあるので、ここを切開してセンサーからの配線を通しました。

のとき活躍するのが、配線通しですね。絶対に持っていた方が楽です。

あ、見ての通りの物なので、針金でも代用できますけど。

ーターの必要な配線は、常時オン電源/イグニッション連動電源/イルミ連動電源/アースの四本です。


スポンサーリンク

レを独自に探り当てても良いのですが、ナビのところには全部ありますし、どうせメーターの配線を通すのに便利なので、ダッシュパネルとナビを外しました。

親切な事に、元々拡張用にアースを除いた電源のメスコネクターがありましたので、コレを利用しました。

ース線も、すぐ近くのナビ本体からとれました。

回のオートゲージの製品は、とにかく電源関係のケーブルが短くて有名なのですが、事足りる長さまで電線を延長しました。

けた感じは、こんな感じです。

応、OBD2で拾っている数値とほぼ完全一致しているので、問題無いと思います。

だか、室内がレーシーになってきました。

して、OBD2モニターも欲しくなってきました。

だ、おっさん的にちょうど良い大きさの物が無いんだよなぁー。大きすぎるんです。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA