次世代のホームセキュリティ!「Hex Home」

Wi-Fi電波で家の中を監視します。

Hex Home紹介HP

Hex Homeは、世界初の AI 電波センシング技術によって、シンプルなシステムで簡単に、正確に、そしてお手頃で家全体を賢く見守ります。

の中の監視には、Wi-Fiの電波を利用する。Wi-Fiの電波を通信以外の目的で利用する「Wi-Fiセンシング技術」を利用しているとのこと。

白いのは、人感センサーでは無く、Wi-Fiの電波そのものを使っているところですね。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

が動くと、Wi-Fi電波の反射が変化するので、この電波変化を計測し、家の中の動きを監視する仕組みのようです。

うやら、動くとそのものによって電波が遮られる感じになるのか、揺らぎが生じるので、それを感知しているわけですね。

まり、この揺らぎがあれば、何者かが侵入したって解るわけです。

合の良いことに、カメラや各種センサー類を利用したホームセキュリティより誤報が少なく、シンプルで安価なホームセキュリティが実現できます。

応、60平米までは基本セットの一つのセンサーで良いみたいです。

分、電波なので見通しは関係ないので、60平米ごとに一つ置くだけで機能するんだと思います。


スポンサーリンク

あ、戸建の場合、多くは1階からの侵入でしょうから、適当な場所が見つかれば一つで済んでしまうと思います。

置は簡単で、本体を電源とインターネットに繋ぎ、センサー部をコンセントに挿すだけ。

は、スマホのアプリを導入して、そこから設定を行います。

確に、AI 電波がこれまでにない高感度で、お家の中の動きを隅々まで感じとり、且つ、AI 電波の学習がお知らせの精度を高めてくれます

ットの動きやロボット掃除機など、家の中で動きまわるものを、アプリから感度レベルを調整することで、特許取得済みのAIテクノロジーが動きの検知を除外できます。

までのセキュリティーシステムと違って、本当に問題があるとき以外は通知しません。
もしもの時は、大音量のサイレンで侵入者を威嚇します。


スポンサーリンク

だ、寝ている家族がいたら、きっと驚いて目を覚ましてしまうでしょう。

審な動きに気付いたときに、アプリから手動でサイレンを鳴らすこともできます。

出モードでは、家で何かの動きがあった場合に、サイレンを鳴らしスマホに通知を送ります。

守りモードでは、家の中の一定の動きに対して、サイレンを鳴らさずに、スマホへの通知だけ行います。

とえば、離れた家族の様子を相手のプライバシーを尊重しながら見守ることができます。

う、センシングしているフロアーの中で、動きがあったことだけを通知してくれるだけで、監視カメラのようにプライバシーに関する心配はありません。

宅モードでは、家の中の動きは検知してますが、サイレンも通知も出しません。

知した動きの大きさはリアルタイムにアプリ上で確認できます。

こらへんの考え方は、いわゆるホームセキュリティーシステムっぽいですね。

だし、費用はそれなりにかかります。

Hex Home 端末セット 22,000円(税込)」を購入し、「Hex Home 定額サービス 月額 1078円(税込)」への加入が必要となります。

の金額に納得がいくのだったら、満足できるホームセキュリティーシステムといえるのでは無いでしょうか?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA