ポータブル 手指消毒スプレー アウトドアに最適! CleanPush2

キャップ不要!イベントやキャンプでも携帯しやすい

CleanPush紹介HP

う何だか分からないうちに、コロナも収束に向かうような感じになっていますので、ちょっと時機を逸した感じもしますが、手指消毒スプレー CleanPushのご紹介です。

きり言って、コンパクトかつ持ちは運びに適したボトルなら何でもいいわけで、そもそもコロナが猛威を振るっているときにはなりふり構えないってっ感じだったと思います。

ほども書いたように、そろそろ、コロナが納まりそうなときにご紹介して意味があるのかといわれそうですが、あるとおっさんは思っています。キッパリ!

いうのは、コロナが収まっても、季節性のインフルエンザが無くなる訳ではありません。

ロナのために、皆さんが手指消毒を始めたら、ほぼ流行無く済んでいます。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

いうことは、これからも、こまめな手指消毒をすれば、あの不快な関節の痛みやら高熱から身を守れる訳です。

もあるし、重症化をしやすいわけではありませんが、罹患しないに越したことはないでしょ。

いうわけで、今回ご紹介のCleanPushですが、最大の特徴は、キャップが無く片手で回してすぐ使えるところにあります。

要な時にサッと取り出せて、片手で使えれば消毒が億劫出ないし、何よりキャップの付け外しって、結構気を使いませんか? 落としてしまったり…

らなかったのですが、今回ご紹介の物は、進化した第2弾なんだそうです。


スポンサーリンク

更点として、凹凸グリップによりで濡れた手でも滑らず掴みやすく、簡単操作に馴染んだボトルデザインまた採用。

ラビナやキーチェンを装着可能なホール付けたので、好みのカラビナやキーチェーンを通して、バッグや腰のベルトループに取り付けれる事が可能になったそうです。

うすれば、消毒液の置き忘れが防げますし、移動やアウトドアなど様々なシーンでサッと使えます。これ大事なところですね。

た、簡単に分解洗浄できる、詰め替えて長く使えるエコボトルを採用しています。

:洗浄後はよく乾燥してください とのことですがそりゃそうだって思います。

なみにエコボトルの脱着は、以下の通りです


スポンサーリンク

①ケースを回して、プッシュヘッドを掴みガラス瓶を取り出す。
②プッシュヘッドを外して消毒液を補充。
※プッシュヘッドの根本部分を持ち回してください。
※洗浄後はよく乾燥して水気の無い状態で補充してください。
③プッシュヘッドを閉めてケースに戻す。

れだけ、非常に簡単ですね。

ンパクト設計ですが1プッシュで広範囲消毒でき、約120回プッシュ可能です。

品時には、国内製造のエタノールを使用し、充填・検品されていますが、無くなったら手持ちのエタノールを補充すればまた使えます。

れと、豊富なカラーバリエーションが魅力的です。

は、大好きな思わず黒ボディーに赤字をオーダーしてしまいました。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA