究極のスマートウォッチ「KW37Pro」

温度測定機能搭載!

動画で確認!

計としての普段使いはもちろん、健康管理機能や通知機能など、ビジネスシーンやスポーツシーンでも役に立つ便利機能を多数搭載していますと謳ったスマートウォッチです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

目ポイントとして
新機能!検温機能搭載 リアルタイム検温&高温時アラーム機能

心拍、血圧、睡眠モニター、他、充実の健康管理機能

トレーニングに最適な多数のスポーツモード搭載

IP68最高性能の防塵防水性

通知機能、音楽再生機能、遠隔操作機能、その他多くの便利を機能

Bluetooth接続で5日間!長時間使用可能なバッテリー搭載

薄くて軽いシンプルデザイン

う機能満載で、他に何も欲しくはなりません。

の機能で、定価も1前年以下とリーズナブル、素晴らしすぎます。

っとも、このスマートウォッチだけで、電話がかけられるとか、決済機能があるとかでは無い様ですけど。

して、肝は従来のスマートウォッチ機能に加え、新たに「検温機能」を搭載していることです。

精度センサーで高い測定精度を実現しており、外気温の影響を受けやすい皮膚温度だけでなく、正確な体内温度まで導き出すんですって!


スポンサーリンク

らにアプリと連動することで一定間隔での自動測定が可能。(間隔 10分、30分、60分)

やすみモードを使用することで測定開始時刻・終了時刻の設定も可能です。

わしい体温計での体温測定はもう不要?

らにアプリで設定を行うことで、高い温度が測定された際にはアラームでお知らせしてくれます。
例)37.3℃にセット、それを超える数値が測定されるとアラームでお知らせ

※測定値は健康管理の参考にして頂くもので、医療向けの使用はお控え下さい。

れれ? ちゃっかり注意書きが…

りゃあそうですよね。外気温の影響の仕方も千差万別。

外なのか室内なのか? 時計は、衣服で覆われているのか否か? 演算である程度は出せるでしょうけど、誤差は生じるでしょうね。

っさん、毎朝の検温には、非接触型の体温計を使っていますが、腋窩で測る場合より、平均して0.2~0.3度低く表示されます。

あ、この辺の制度を理解した上で使う分には、問題無いですし、継続的な体温の記録が出来るのは強みです。


スポンサーリンク

れからSpO2(血中酸素飽和度)が調べられるのが良いですね!

熱管理とSpO2が分かれば、コロナ対策うってつけです。

の他、心拍、血圧も計測できるので、健康管理や観察には本当に便利です。

だ、加圧しないでどうやって血圧を測るのかは、ちょっと不思議ですね。

の他、睡眠モニターも重宝しそうです。

っさんは、かつてApple WatchのⅠとⅡを所有していたのですが、ほぼほぼミュージックプレーヤーのリモコン代わりくらいにしか使っていませんでした。

ークアウトや健康管理に使わず、電車に乗る機会も無くなってしまったので、リモコン機能も要らなくなってしまったので、売却してしまいました。

座、直ぐに「KW37Pro」を必要とする状況にありませんが、値段も値段ですし、市販されたら、それこそ健康管理-コロナ対策用に購入しようかな。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA