誰でも簡単にプロの味に、珈琲急須。coffee-kyu-su

「2分待つだけで極上のコーヒーを!?」

珈琲急須紹介HP

っ、急須でコーヒー淹れられるのって 感じですよね。

あ、極端な話し、引いたコーヒー豆とカップと水があればコーヒーを飲むことが出来る分けですから、別に不思議で無いはずなんですけどね。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

だ、サイホン式にしろペーパーフィルターにしろ、いろいろな淹れ方があるにしても、急須は意外です。

するに、コーヒーはこう淹れる物だ、そして好みは分かれるにしろ、それが長年培われてきた美味しい飲み方だって固定概念が強固にあるんですよね。

から、急須って聞いてびっくりしたんです。

も、急須なら何でも良いわけでは無く、今回ご紹介の物は「コーヒー専用の急須」として作られた物なんです。

徴として、角のとれたまろやかな味を楽しめるんだそうです。


スポンサーリンク

れに、面倒な手間も道具も必要ない、確かに急須だけですものね!

も、本格コーヒーをおうちで手軽に楽しめるんです。

うやら、「とこなめ焼」というのが肝のようです。

ーヒー器具というとガラスのイメージがありますが、珈琲急須は、今書いたようにとこなめ焼の陶器製なんです。

は、吸水性の高い陶器の特性を活かすため、内側には釉薬を塗っておらず、表面に凹凸があります。

の凹凸が雑味の原因となる成分を吸着し、角がとれてまとまった味にしてくれます。

いうことで雑味がない分、コーヒー本来の旨味やコクを楽しむことができ、また、渋味・酸味なども控えめになるんだそうです。

味やコクは損なわれないので、まろやかでマイルドでありながらも、しっかりとコーヒー感のある味わいを楽しめるというのは、本当に素敵ですね!


スポンサーリンク

琲急須なら、何万円もする器具もいりませんし、セッティングや片付けの手間も最小で、特殊な技術もいらず美味しいコーヒーが飲めるんですね。神認定でしょう!

んでも、もともとコーヒーには油分が含まれていて、これをコーヒーオイルと呼分だそうです。

かに、コーヒーを淹れると若干の油が浮いているように感じることがあります。

は、この油分は、アロマ成分をたくさん含んだ、香りや風味の決め手になる成分なんですって。

して、一般的なドリップの方法は、豆の表面にオイルが残ってしまいやすいので、淹れ方や、淹れる人の技術によって味わいが大きく左右されます。

るほど、だから美味しいコーヒーを自分で淹れるのは難しいんですね。

も、珈琲急須はコーヒーの粉をお湯に浸すだけで、一般的なペーパードリップに比べてコーヒーオイルもダイレクトに抽出することが可能になり、豆の個性を余すことなく、より簡単に楽しめます。

いこと尽くめなんですが、問題は、コーヒーを淹れた後です。

身を捨ててそのまま洗うだけとありますが、これが曲者かも知れません。

いうのは、内側についた細かいメッシュカバーは、粉の流出を防いでくれているのですが、ちゃんとしてお手入れは大変な気もしますが、どうなんでしょう?

あ、それでもペーパーフィルターを使い捨てする必要ないので、実にサステナブルな製品である事は間違いないです。

うそう、暑い季節には、挽いた豆に水を注いで冷蔵庫で一晩置くだけで、おいしい水出し珈琲を作れます。

須だけなので、軽量コンパクト。だから、アウトドアシーンでも大活躍しそうです。

リッパーやサーバーなどの荷物が減るだけでなく、ペーパーレスで抽出できるので余分なゴミも増やしません。

ミが出ないのが、本当に助かります。

当はいけないのかも知れませんが、コーヒー豆のカスだったらいずれは土に帰るので。

あ、本来ない物をその土地に残すのは、倫理的にも法的にも、やっぱりまずいか….

う言えば、コンパクトながら最大で2杯分まで同時に抽出が可能です。

ーン、良いなコレ!

れ、でもお高い!

ょと買えないかな、残念。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA