庭師ロボット「Tertill」

手軽に庭を一括管理! ソーラーパワーで除草作業するロボット!!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

庭師ロボット「Tertill」紹介HP

まずは、動画を見てください!

んな物が、世の中にはあるんですね! 面倒な庭の除草作業を自動でこなす、庭師ロボット「Tertill」。

じられませんが、機能が間違いない物なら、確かに放置しておけば、荒れ果ててしまっている庭をいつもキレイに整えてくれるっていう事です。やっぱり、凄い!

ンバと同じ形状で、除草専用に設計されたロボットです。凄いのは、電力の供給はすべて太陽光でまかない、残った電力はそのまま蓄電されていくという仕組みです。

源が確保できない場所では、太陽光しか頼れないので、グッドアイデアって言うか、それしないか。


スポンサーリンク

然、屋外使用が前提なので防水で、蓄電された電力で曇りや雨の日でもお構いなしに毎日稼働してくれます。

応可能な面積は最大約3坪弱らしいので、6畳ほどの大きさですかね。大した大きさではないけど、逆に、家庭菜園でありそうな大きさです。

し家庭菜園をイメージするなら、毎日菜園まで通えるとは限らないので、まさにうってつけかもかも知れません。

末に、きつい草むしりをしなくて済むなんて、最高ではにですか。健気に、毎日約1?2時間ほど自動作業で、草を刈ってくれます。

ての通り、四輪駆動で安定した走行をするので、ぬかるんだ土や硬い土はもちろん、傾斜もスイスイ作業可能です。

は、ネガはないのでしょうか?

置するだけで、庭を整えてくれる頼れる存在になりそうなのですが、やはり、家庭菜園レベルの可動範囲がネックかも知れませんね。


スポンサーリンク

た、電源は、ソーラーパワーだから気にしなくても良いけど、自宅から離れた家庭菜園には、とうなんの危険があるので、やっぱり置きっぱなしには出来ないような気がします。

格も、日本円で3万以上するみたいだし、使える場所が限られてしまうとなると…

れでも、外から見えない自宅の庭に設置するとしたら、最適だと思います。

っさんも、良いなって思って、一瞬、購入を考えたのですが、一坪にも満たない自宅の菜園に投資できる金額ではにと考え止めました。

だ、このロボットが、自宅の菜園を走り回っている姿は、未来的な感じで、ぜひ見てみたい物だと思いました。

れにしても、思いもしない商品が、実用化される物だ。改めて、驚愕しています。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA