GOCCIA「GEV600」一充電走行距離70km

買い求めやすい価格の原付バイクです

GOCCIA「GEV600」公式HP

画見る限り、相当良いでしょ。この電動バイク。

、最大の売りは、何といってもメーカー希望小売価格169,400円(税込)という驚異の安さです!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ンジンの普通のスクーターと比べても遜色のない価格、場合によっては安いくらいかも知れません。

画を見るか繰りは、パワー的にも問題がなさそうだし、というかエンジン付の原付バイクに寄せてモーターやバッテリーの制御をしているようのなので、なんの心配も無いかなって思えます。

りそれ自体は、値段なりというかチープに感じる部分も無きしにもあらずってところですが、十分すぎるでしょう。

体カラーも6色から選べるし、なかなかビビッとな感じで宜しいかと。

っさんは、赤が良いかな。

うそう、大昔、ちょっとスクーターに乗りたくて、それこそチョイノリというスクーターをかって、そのあまりのチープさにあきれかえり、1カ月ほどでスズキ ZZに乗り換えたことがあります。


スポンサーリンク

のスズキが誇る原付スポーツスクーターZZ(ジーツー)は、最高出力7.2PS/7,000rpm最大トルク7.5Nm/6,500rpmと、このクラス最高のマキシマムパワーとトルクを誇り、10インチのライバルが多いなか、前後に履くアルミダイキャスト製スポークホイールは12インチで、それは早かったと記憶しています。

ょっと弄ったんですが、下り坂でメーター読みで3桁km近くいったように記憶しています。

しがそれましたが、その「チョイノリ」のような感じは全く無いので、買って後悔することは少ないだろうと感じています。

使い道ですが、自転車の代替が一番合っていそうな気がします。

ルメットと2段階右折が鬱陶しいですが、坂道もぐんぐん登ってくれるようなので、楽ちんである事は間違いありません。


スポンサーリンク

れに、ガソリン車と違って、バッテリーに電気を溜めるのにかかる費用も微々たる物。

転車代わりが、やっぱり一番良いのでしょうね。

の値段なら、おっさんも本気で購入を考えてしまいます。

だ、頻繁に乗るわけでは無いから、何かしらの乗るべき事情が出来ないと買えはしません。

かし、実用に耐えるe-バイクの値段が嘘みたいに下がってきて、ビックリですね。

なみに、魅力的なオプションも多数あります。

れで、もしハンターカブみたいに、アウトドア的な要素のモデルとかオプションとかあったら最高なんだけどな。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA