副鼻腔炎(蓄膿症)とチクナインという薬

漢方で、普通に薬屋さんで買えます

三週間前ほど前、風邪を引いてしまって、往生した事は書いたのですが、その後症状が副鼻腔炎に間違いなく発展し、やっと治ってきた話しです。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

思い返せば、ちょうど30代半ばの頃、多分同じく風邪の後だったと思うのですが、毎日嫌な頭痛と発熱と目の下鼻の横に痛みがあり、特に下を向いたり頭を左右に振ると痛いという状態が続いていました。さすがに一週間経っても痛いので、近くの大学病院の耳鼻科を受診しました。早速、レントゲンを撮ることになり、レントゲン室へ。しかし頭部を取るレントゲン室では無く、良く整形外科とかにあるようなベッドのレントゲン室。そのベッドの上に頭をのせてレントゲンを撮りましたが、なかなか難儀な体勢で端から見ると、相当に笑えたのでは無いかと思います。で、できあがった写真は、見事に両副鼻腔に陰が… ネブライザーをしたかどうかは分かりませんが、抗生剤を処方されて、一週間ほどで治った記憶があります。そういえば、何故最初から耳鼻科を受診したのかは不明ですが、おそらく鼻汁が今までに無い感じだったのでしょう。


スポンサーリンク

そして、今回全く同じ症状が出ました。ただし、発熱は風邪の初期段階で随分出ましたが、殆ど気にならなかったです。鼻が詰まり、さらさらの赤と黄色が混ざった鼻汁が出て、普通の鼻水も出るがなんかずっと嫌なにおいがしていて、目の下鼻の横が痛くてと全く同じ症状でした。ですから、副鼻腔炎に間違いないと思い、薬を探したところ行き着いたのが、チクナインという薬でした。発熱や頭痛が酷ければ、通院して抗生剤を処方していただいた方が早かったと思いますが、それが無かったので、この薬で大丈夫と確信して使いました。小林製薬のHPによると、『チクナインは、鼻の奥(副鼻腔)の炎症を鎮めながら、膿(うみ)の発生を抑えるので、ちくのう症(蓄膿症)や慢性鼻炎の改善によく効きます。9種類の生薬で構成された「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで、
ちくのう症(蓄膿症)のつらい症状を治していきます。眠くなる成分は入っていません。』とあります。


で、一週間ほど飲み続けると、まず右の鼻から、血液混じりの鼻汁が止めども無く出て(5回くらい鼻をかむ位)その二日後に左も同様となり今はスッキリです。まさに、副鼻腔に溜まっていた物が一気に出た感じで、嫌なにおいもなくなり匂いも分かるようになり、久々に食事が美味しくいただけます。

似たような症状で、発熱とか無い方、是非お試しあれ。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA