iPhoneⅩ始動

思ったより簡単に移行出来た。

種設定の前に、まずは、Coverと液晶保護フィルムの装着をした。結構ドジなので、これを付けないと落ち着かない。装着したのはNimaso iPhoneX 用 強化ガラス液晶保護フィルム 【日本製素材旭硝子製】ガイド枠付き/3D Touch対応/業界最高硬度9H/透過率99.9%

と Spigen】iPhone X ケース, [ 背面 クリア ] [ 米軍MIL規格取得 ] [ Qi 充電 対応 ] [ 落下 衝撃 吸収 ] ウルトラ・ハイブリッド アイフォン X 用 耐衝撃 カバー (iPhone X, マット・ブラック)販売: Spigen JAPAN

の後、まず参照にしたのは、このサイト appllioの『新iPhoneへの機種変更時にデータ移行する方法まとめ──iTunes/iCloudバックアップ・復元や、AndroidスマホからiPhoneへ引き継ぐアプリ「Move to iOS」の使い方も』のページ。凄く役に立ちました。有り難うございました。

えてみれば、iTunesのバックアップ機能使えば簡単だったの思い出した。実際、初期設定終わったら、WiFi経由の為か、時間はかかったけど今使っているアプリは、取り敢えず全てインストールされていた。それぞれの設定は、やらなくてはいけないが、ここまで出来ていれば凄く嬉しい。最も、この設定に膨大な時間が取られるのも事実。それに、設定かけようとしたら、何本かのアプリは、動作環境の問題なのか使用不可だった。まあ、これは良くあること。似たようなソフトで代替してやり過ごせば良い。ただ、今まで面倒で仕方が無かったLINEとスイカの設定は、嘘みたいに簡単だった。一体、今までの苦労は何だったのだろう? 本当に不思議。

思っていたら、難物が。auの@ezweb.ne.jpのMail設定が出来ない。何でだ?と思っていたら、docomoもWiFiオフにする等の儀式があったと思いだし、HP見に行ったら、瞬時に解決。やっぱりこの辺も、ショップで無いと、直ぐには出来ないというか慣れていないと焦る所かも。

て、ホームボタンが無いのは違和感なのか? 確かに違和感。でも、上スワイプすれば良いと分かれば、なんていう事は無い。それよりも、電源落とすのに右のボタンと音量ボタン押さなくてはならないのが分かって無くて、パニクった方が大きかった。まあ、それとiPhone 7 plusと比べると、筐体は遙かに小さいのだが、画面は満足できる大きさ。しかも、凄く綺麗。やっぱりXにして正解だった。

れと、話題の顔認証。直ぐに設定したのだが、例えば指紋認証の場合のように、認証を促す画面が出ない。顔認証なので、画面見た瞬間にロック解除されているのだから当たり前なのだけど、ついさっきまで「ロックされていないのかな?ロックかける設定したら顔認証使えるのかな」と、恥ずかしい勘違いしてた。ディスプレーの上方に南京錠のマークがあり、顔を向けないと鍵がかかった表示、顔を向けた瞬間に開いたマークに変わる。全然気づいていなかった。本当に間抜けで恥ずかしい限り。

だ、若干設定が残っており、以前の環境に完全移行してはいないが、無事、始動。バックアップを事前に取っておけば、おっさんのように慣れていなくてドジでも2~3時間で移行は終わる感じ。今もう一回やっれっていわれたら、もっと早く終わると思います。というわけで、繰り返しだけどショップの存在意義は、こんな所にあるのかも。

いろいろ書き綴ってきたが、やっぱりAppleの製品好きだ。コンピュータ本体の乗り換えはちょっとハードル高いけど、iPadProが欲しくなってきた。
ーん、これから先、一体いくらAppleに吸い取られるのか、一抹の恐怖を覚える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA