考えもしなかった酷暑対策2選

ユニークなアイデアで乗り切りましょう!

ずは、「足もとそよ風ファン YKF-60」です。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

とこの製品、こたつのヒーターユニットと交換して使うものなのです。夏炉冬扇からすると、多くの場合は、夏の間はこたつは片付けられているかも知れません。でも、こたつ布団を外しただけで夏はテーブルとして使っていたり、そもそも椅子式のこたつで、一年中出しっぱなしが前提のものもありますよね。これのヒーターユニットと交換すれば足もとにそよ風が吹いて爽快になるわけです。考え方としては、足湯の反対で冷たい水に足を入れて量を取るのと同じですね。実際に使った方の感想だと、なかなか快適とのことです。


スポンサーリンク

ぼ全てのヒーターユニットと互換性があり取り替え可能ですが、適応については事前に調べる必要があります。それと、ドラーバー使ってネジを外したり付けたりする必要があるので、その点面倒です。おっさんの家には、残念ながらこたつがないので買いませんが、目立たないサーキュレーターとしても使えるかも知れません。次は、日傘です。何とファンがついています。

射を避けて、日陰に入るのは暑い日の鉄板ですよね。余談ですが、車で信号待ちをするときは交通に影響を当たれない範囲で、街路樹の日陰に入って青になるのを待ちますし、樹木がある駐車場では、車を動かす少なくとも30分くらい前から木陰になるところを選んで駐車しています。

傘は、常に持ち運びが出来るので、いわば日陰を持って歩いているようなもの。最強アイテムだと思いますが、風が無いと傘そのものが直射で暖まってしまい風が欲しくなります。そんな時、このファン付なら不満を一気に解消できます。バッテリーは、USB充電でき、予備バッテリーとしてスマホに電力供給も可能です。UVカット率も99.8%、さらに撥水加工がしてあるので雨の日も使えます。何か凄いですね。使用者によると、ファンがあると無いとでは、涼しさが全然違うようですよ。


スポンサーリンク

も、おっさんは日傘使えないよな….. と思ったらサイズのミディアムは男性の使用を前提としているようです。先頭を切って使うには抵抗があるので、誰か使い始めてくれないかな。インフルエンサーの方よろしくです!(笑)



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA