自動車用ヘッドアップディスプレイNEOTOKYO

運転視界に多彩な情報を投射表示!

動車用ヘッドアップディスプレイNEOTOKYO公式HP


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

年前から、運転視界に走行情報を投射表示する自動車用ヘッドアップディスプレイは良く見る商品です。中華製の安いやつだと3000円くらいから、売っているのを見かけることもあります。無論、安く作れるようになったから売っていうという面もあるでしょうが、視線をそらさず必要な情報を得ることで、安全性は確保されるということなのでしょう。ですから、標準搭載の車もありますよね。

報量が多すぎると処理できないし、緊急事態等の情報は的確に伝えないといけないしとなると、ヘッドアップディスプレーは当然の流れだと思います。航空機の検査には、グラス型のヘッドアップディスプレーが現実に使われていますし、航空機は無論使っています。特に、軍用機は、ヘッドアップディスプレーが無いと、きっと成り立たないのでは無いかと思います。ARは時に流れ、是非試したいと思っているので、その意味ではヘッドアップディスプレーよりもその先にあるものにさらに興味が湧きますが。

さらい的になりますが、ヘッドアップディスプレーの一番のメリットは、前方から視線をずらさず速度等のメーターを確認可能なので、より安全かつ楽に運転できることにあります。それを、簡単に今ある車に搭載可能とするのが、このヘッドアップディスプレイを「HUDネオトーキョー」シリーズ最新機種です。


スポンサーリンク

来品と比較すると、例えば簡易なフロントガラス投射型では無く、投射専用スクリーンを標準装備なので、圧倒的に見やすい表示画面を実現しつつ、晴天日中でも深夜でも明るさは自動調整され、常に見やすく美しく表示されるとのことです。

示可能な情報は、速度計/回転計/水温計/バッテリー電圧/燃費/時計等で、今は当たり前のどの車にも装備されている車内のOBD2コネクタにつなげてダッシュボードに固定するだけ、工具不要1分で設置完了きます。原則対応車種は、2010(平成22)年9月以降発売車種(バッテリー12V車のみ)になります。また、エンジン連動の自動電源ON/OFF機能付で、急にトンネルに入っても見やすい自動輝度調節機能もついています。ここら辺が、安い機種との差ですかね。MaKuaKeさんに掲載されており、2018/05/20現在:13,800円コース(税込)30%Off 残り275個 2018/07発送予定となっています。


スポンサーリンク

は、おっさん、買うのか? 御免なさい。スマートグラスとかには興味があり近々購入もありかなって思っていますが、車のヘッドアップディスプレーには食指が動きません。ヘッドアップディスプレーに表示しなくてはならない情報が考えられないのです。もしあるとすれば、回転計でレッドゾーンに入る直前でシフトアップしたいという用途ぐらいですが、今までも普通にタコメータ見てやっていて不便は無かったですし、そもそも今はオートマ主流で、しかも車に任せてシフトアップさせた方が早く走らせることができるのですから不要ともいえます。追加として、OBD2に接続する機器によっては、本体の車側に悪さをすることがあるので、勘弁です。ただ、航空機の用にガラス一面に色々な情報が表示されたら、格好いいでしょうね。

いうわけで、今回は見送ります。結局、若ぶって新しモノ好きを自慢することが多いのですが所詮は昭和の人間、機械の手助けを受けながらも多くは自分でやっていた時の身体感覚から今風の機械に任せてしまえばうまくいくみたいな感覚へ抜け出せないだけなのかも知れません。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA