W205 C200のカーテシーランプを換装しました

やっぱり、メーカーのロゴが素敵だと思う。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

もそもカーテシーランプとは、ドアの下の部分についていて、乗車降車の歳足もとを照らしてくれたり、後続車にドアが開いていると示す為のランプです。

々から、カーテシーって何なんだろうと思っていたんですが、ウィキペディアで、カーテシーランプで引いてみたら、解説がありました。

ーテシーランプ は Courtesy Lamp と表記して、そもそもCourtesyとは礼儀ないしは礼儀正しさ、丁重を意味するようです。

んと英語で、courtesy carといえば、『送迎車』の事なんですって!

ころで、このランプ、全ての車についているわけではなく、赤い反射鏡だけだったりすることもあります。

こ10年くらいに乗っている車には付いていることが多いですが、それ以前の所有車は付いていた記憶がありません。


スポンサーリンク

まあ、ドアを開いたとき、足もとを照らしてくれるのは凄く有り難いのですが、真っ暗な中で乗降車する事もないので、無くても大丈夫なのでしょう。

抵、T10のバルブ(白熱球)が付いているのですが、LEDにすると見事に明るくなるので、室内灯と同じく交換される運命かと思います。

て、前に乗っていたW203 C230の時に、ベンツのロゴが現れるカーテシーランプを、パートナーが大絶賛してしてくれたので、また換装してみました。

の手のものは、殆ど中華製と思われるのですが、価格が随分と違う場合があります。必ずしも、価格と品質が比例していないところが、面倒で恐いところですが、格安品は、経験上精度が低く、何らかの加工をしないと取り付けられえない感じです。

こで、今回は、Ltsplayというメーカーのものを使ってみました。まあまあの値段で、ラインナップも豊富なので、選択しましたが何の問題も無く取り付けれれました。


スポンサーリンク

た、取り外し工具が付属し4個セットと使い勝手が善く、Amazonの商品ページに取り付けの手順が写真としてアップされていて、とにかく良心的だと思います。

Ltsplay カーテシーランプ

り付け前に比べると、後続車への注意喚起の為の光量は大幅に少なくなってしまいました。ロゴを綺麗に写すために、LEDの位置が調整されているので仕方が無いのでは無いでしょうか

 

応、ハセプロのドア用リフレクターで補いました。

て、肝心のロゴは、こんな感じです。

満足!! カーテシーランプは、値段の割に満足度が非常に高く、皆様にもお勧めです。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA