運べるスポットクーラー「ワイルドクーラー」

片手で持ち上げられる本格的小型クーラーです!

運べるスポットクーラー「ワイルドクーラー」紹介HP

動画で確認しましょう!

々夏の暑さは、尋常ではなくなっているとは思いませんか?

っさん、アスファルトやコンクリートに囲まれた(といっても、郊外なのでそこそこ緑はありました。)住宅地で育ちましたが、少なくても窓を開けていれば、夜暑くて眠れなかった記憶はありません。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

学生の時に、一部屋だけクーラー(エアコンではありません)が付いて、なんて涼しいんだろうと思ったことはありますが、エアコンが付いているところはそんなに多くありませんでした。

校は都下でしたが、無論クーラーもエアコンも無いし、扇風機さえなかったのですが、暑くてどうにもならないという事はありませんでした。

考えると、やはり最近の夏は暑すぎます。


スポンサーリンク

といって、全ての場所にクーラーを設置できるわけではありません。

みの扇風機は、生ぬるい風をかき混ぜているだけで、ちっとも涼しくない。

流行の冷風扇は、気化熱で自然な冷たさの風を送ってくれますが、考えてみれば湿度は上げてしまっているわけで、部屋の環境としては銅なんでしょうね。

こで、クーラーが欲しくなるわけです。

わゆる、スポットクーラーですね。

こんなのもあります。

インドファンクーラーが取り付けられるのなら、それが一番良いでしょうが、結局能力不足だったり、そもそも取り付け場所がないから困っているわけで、そうなると、スポットクーラーしか手がないでしょう。

まった場所の作業で使うなら、キャスター付きのスポットクーラーでも良いでしょうが、色々な場所で作業するとなると、いちいちに設置が面倒です。

も、今回ご紹介の「ワイルドクーラー」なら、持ち運び前提の筐体ですし、排気ホースも95cm付いているので、風下に排気すれば、生暖かい風を被ることもありません。

レーンから出る水は、最初からペットボトルで処理することを考えていますし、とにかく便利だと思います。


スポンサーリンク

源さえ取れれば、暑い作業場や、ガレージ、アウトドアやキャンプなどで使うことができ、作業効率も格段に「アップすると思います。

ゃんとしたクーラーですが、室外機と室内機を一体化してコンパクトに凝縮した物なんです。

てくれは家庭用の物とは全然違いますが、家庭用と同じくコンプレッサー方式で熱交換を行いますので、コンセントに接続するだけで、すずしい風が送られてきます。

中泊なんかに最適ではないでしょうか? 何と言ってもエンジンをかける必要が無いですから。

っとも、AC電源が取れるバッテリーを用意する必要がありますがモバイルACバッテリーは400W以上の出力ができるもので稼働しますので、比較的安価に手に入ると思います。

イルドクーラーは小型でお手頃なお値段を実現するため、基本的な機能のみとなっています。

風機能と送風機能・送風切替機能・LEDライトが搭載 ね、シンプルでしょ!

5時間使ったときの料金は約7.29円(1kWh 単価27円)と経済的です。

温が15℃以下になると自動で送風機能に切り替わります。

た、傾きを検知すると動作が止まる安全機能も搭載されています。

さに、ワイルドクーラーは車中泊にも最適ですね。

仕様
サイズ 214×525×290(mm)
重量 9.8kg
セット内容 本体・排熱ダクト・ドレンホース・ドレンキャップ、日本語取扱説明書
ケーブル長 180 ㎝(プラグ含まず)
定格電圧 100V
定格周波数 50/60Hz
冷房能力 293W(1000BTU)
ドレンタンク容量 0.25L
使用環境温度 15℃~ 40℃
使用環境湿度 0 ~ 90%
安全装置 ドレン満水検知、傾斜センサー
LED ライト付 強 5~7W 弱 2~4W



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA