『ニューオートメイト』AS1250Z 【車専用空気清浄機】

ディフューザー、USB充電、バッテリーインジケーター機能含む7搭載


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

『ニューオートメイト』AS1250Z 【車専用空気清浄機】紹介HP

い文句は『わずか2分で車内の空気をクリーンにし、気になる有害物質を排除します!!
ディフューザー効果により車内を森林のような爽やかな空気に変えます!!
バッテリーの良し悪しを一目で見極めるインジケーター機能付き、もうバッテリー上がりは怖くない!!』です。

わんとするところは分かりますが、一つ一つみていきましょう。

(1) 空気清浄機能
空気清浄原理は、放電によりプラズマを放出して有害物質を捕集・吸着させる仕組みで、汚染物質や匂いの素となる分子を確実に除去し、新鮮な空気を自動車内に循環させるんだそうです。

ただ、いくら狭い空間といえども、強制的にファンで空気を循環させることもなく、2分で空気清浄完了というのは、?かも知れません。


スポンサーリンク

しかも、空気清浄の方法、おっさんの経験だと、トイレの使用では全く役立ちませんでした。

ただし、この製品がどうかは使っていないので、分かりません。

(2)マイナスイオン発生機能
(1)の 空気清浄機能なので、発生するのかと思われます。約2千万個に近いマイナスイオンが放出され、室内を癒しの空間に変えてくれます。

『ニューオートメイト』は自然状態に近いマイナスイオンを放出して、緑豊かな森林にいる状態と変わらぬ環境を創造するんだとか。イオンの数からすると、そういう事なのだと思います。

(3)アロマディフューザー機能
はアロマホールが内蔵されており、車の中が心地よい香りに包まれリフレッシュ出来ます。ちょっと、オイルを入れるのが大変そうですが、良い香りに包まれるのは素敵です。

しかも、この製品専用のオイルでなくても使えるようです。だとすると、まさにいつも家庭で使っている『好きな香り』に、包まれることが可能ですね!

(4)USB充電機能
車デバイスの必需品であるUSB充電機能を搭載。まあ、シガーソケットを、この製品が使用してしまうなら、当然必要かと。


スポンサーリンク

5V/2.1Aの充電端子が左右に配置されており、運転席と助手席の両側で快適に利用することができます。性能的にも、問題無いと思われます。

(5)インテリアLED照明機能
LED照明が付いています。まあ、なくても、良いと言えば良いのですが、あると嬉しい物です。

ちなみに、おっさん、こういう照明大好きです。

(6)互換性機能
7つの機能に、これを入れるのは、ちょと違う気もしますが、12V・24V両方のクルマし対応しています。

(7)バッテリーインジケーター機能
バッテリー電圧を、リアルタイムに表示可能です。バッテリーが弱ってきたときは、電圧があまり上がらなくなりますし、オルタネータがやられれば、電圧は急激に下がるはずです。

いうわけで、充電系の診断が常に出来ますが、バッテリー上がりを防止できる分けではないので、当たり前ですが、その点、注意が必要です。

力的な機能を7つ上手くまとめてワンボディーに収めたのは、凄いなと思います。

は、おっさんは、買うのか? 空気清浄機能以外は既に全て付いているので、当座は必要としていません。なので、ぱすかな。

お、W205 C200は、オプションだと思いますが、車自身に、アロマディフューザー機能が付けられ、その臭いボトルは、グローブボックスに収納できたと思います。ただ、純正品のアマボトルしか使用不可で、このボトルがバカ高かったと記憶しています。どうでも良い、豆を知識でした。

なみに、空気清浄機能のみお求めなら、SHARPのプラズマクラスターが良いかと。確かトヨタかどこかのオプション品指定されていたと思いますし、パートナーが、パジェロミニで花粉対策に使ってバッチリでした。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA