やみつき塩コショウ! その名も『かけるな危険』

料理人が塩コショウとスパイスの黄金比を追求!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

『かけるな危険』公式HP

使い方は、動画で!

ーん、美味しそうとしか言いようがありません。

当に、美味しい食材は塩と胡椒だけあれば、十分美味しいとよく言いますが、じゃあ、その塩と胡椒の加減はって言われると困りませんか?

れに、もっと美味しく出来るからこそ、各種ハーブとかがあるわけで、そうなると何をどうすれば良いのか、正直言ってカオスです。


スポンサーリンク

ので、自己流に適当にとなるのですが、究極、お店の味にはなりません。

んな問題を解決する一つの案として、つい先日『アウトドアスパイス ほりにし の辛口』をご紹介ししました。

かし、今回ご紹介の調味料は、アウトドアに限らず、家での料理の下味にも使える調味料らしいんです。もっとも、「ほりにし」もその用途に使えますけど…

の『かけるな危険』、実は、「かけるな危険!! やみつき塩コショウ」は、飲食店「鍬焼き 御馳の介」のメニューをおいしくスピーディに調理できるように、同店の料理人が試作を繰り返して開発した、数種類の素材をブレンドしたオリジナル塩コショウなんですって!

存じのように、料理は、「五味」と呼ばれる塩味・甘味・旨味・苦味・酸味などバリエーションが多いほど、味に深みが出ます。

わゆる「塩コショウ」といった場合には、当然のことながら2つの味しかありません。

「かけるな危険」には、塩味(塩)・甘味(砂糖)・旨味(玉ねぎ・にんにく)・苦味(山椒)、プラス 辛味(コショウ・唐辛子)を配合しています。

するに、塩コショウに、砂糖でコクをプラスし、にんにく・玉ねぎは甘みや香ばしさを、そして隠し味に山椒・唐辛子を入れて味をスッキリまとめています。

れを第六味と言われる脂味やデンプンと合わせることで、さらに美味しさが増すんだそうです。

すから、焼き物・揚げ物・炒めものなど、多様な料理が美味しく仕上がるのです。


スポンサーリンク

から、フレンチフライに、ササッとかけただけなのに、お店のお客さんから、手が止まらないと言われるのですね。

んな『かけるな危険』を使ったレシピは、こちらから。取り敢えず、近々の4種類掲載されています。

  

然、アウトドア料理にも使えますし、先ほど書いたように、普段お料理の下味にも使えます。きっと、キャベツにかけただけでも美味しいでしょう。

んなに高価な物では無いので、思わず支援してしまいました。

10月上旬以降の発想と、まだ時間がかかりますが、今からヨダレを垂らして待っています。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA