AIドライバーアシスタント「Pyrenee Drive」

未来の事故を予測する!?

「Pyrenee Drive」公式HP

動画で確認

テレオカメラで、認識って言うことは、スバルアイサイトと同じ仕組みですね。

だ、ネットに繋がっていて、クラウドに集めたデータをデープランニングしているとこが決定的に違うようです。

載されているシステムって、テスラでも無い限り自動ではアップデートしないですよね。

大の欠点は、アラームをだすっだけである事。車載システムと違って、ハンドルやブレーキには連動しません。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

あ、だからこそネットと常時接続でも安心だといえるかも知れません。

っさん、歳を取って視野も狭まっているし、仮にアラートを出してくれるだけでも、凄く欲しいです。

理的には、「Pyrenee Drive」は背面部に搭載されたカメラの映像から人や自動車の動きを把握し、そこからAIが危険予測を行う仕組みです。

蔵のGPUチップは高い処理能力を持つNVIDIA製を採用していて、走行中にディープラーニングを実行しています。

アルタイムで歩行者や他の車両、自転車、バイクの存在を認識し、万が一事故の予兆を検出すると、音声とポップアップで運転手に知らせてくれるようになっています。

らに、実はドライバーの状態も監視してくれています。

ライバー側に 搭載されているカメラで、ドライバーの目や顔の向きを捉え、眠気やよそ見をしていないか確認して、もし居眠り運転をしてしまった時には、大きな音でドライバーを起こしたり、警告してくれます。


スポンサーリンク

たそのような際、家族や職場に緊急連絡することも出来るようですし、事故等万が一の緊急事態の場合も、自動通報してくれるみたいです。

にも書きましたが、この手の機能、上手く作動してくれれば凄く助かります。

らに、フルHD画質のオンラインドライブレコーダーの機能も搭載しています。

の映像は、インターネットを通して例によってクラウド上に自動で保存されます。

れは、便利です。定期的なSDカードの初期化が不要ですし、SDカードの劣化によって、映像が録画されていないという事もありません。

れに、間違って事故が起こった時の重要な映像が消えてしまう心配もありません。

然のことながら、映像はスマホに簡単転送できます。


スポンサーリンク

から何まで、最強ですね。

は、電源をどうやってとるかと、ネットのどうやって接続するのかがはっきり分かると良いのですが。

格にも寄りますが、簡単に複数車両の載せ替えが出来るなら、ぜひ欲しいです。

万円位で、発売されないかな… でも、どうやら198000円ですって。

対手が出ませんね。残念。

れっ、もう発売されているんですかね?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA