カード型振動スピーカー「Blade Speaker」

身の回りのものが何でもスピーカーに!?

Blade Speaker紹介HP

動画で確認してください。

前にもご紹介したことがあるタイプのスピーカーだと思いますが、またまたご紹介します。
音響機器の開発・製造を行っているBocoiceが開発したそうなんですが、この会社のことよく知りません。

グってみたのですが、いまいちお伝えすべき情報が探せませんでした。ごめんなさい。

っさんが今回着目したのは、その筐体の小ささとBluetooth接続である事です。

さは45g。厚みは12mmで大きさはクレジットカードよりも小さいので、カバンや洋服のポケットだけでなくなんと財布にも入れられます。ちょっと無理があると思いますが…


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

で、それなりの大きさでイヤフォン以外で音楽を聴こうとすると、どうしてもスピーカーの大きさプラスのモノを持ち運ばないとなりません。

かに、凄く小さくて持ち運びに便利なモノもありますし、実際に使っていますが、少なくとも、低音は期待できません。それでも、小さい筐体なのに頑張っているとは思いますけどね。

Bluetooth接続だから、好きなモノの上に置くことが出来ますし、付属の粘着パッドと吸盤パッドでペタッと貼り付ける事も可能です。

あ、実際の音色や低音の出方は、材質や貼り付けたものの大きさによります。置いてみてのお楽しみ!って感じですね


スポンサーリンク

ボール、ガラス、木製の机に置くとパワフルなステレオサウンド、ユニークな中高音、重厚なベース音と、それぞれが全く違う表情の音を奏でるって事なんですが、確認したくなりますね。

イクも搭載されているので、ペアリングすればスマホを充電している間でもその場所から離れて通話をすることが可能です。

お、Bluetoothの接続が切れて5分後に自動で電源をオフしてくれる機能や、充電などの情報を知らせてくれるLEDライト、よりつながりやすいBluetooth 5.0に対応など嬉しい機能もたくさん搭載しています。

2つのBlade Speakerを接続すればTWSスピーカーとして使えます。Lチャンネル(左)とRチャンネル(右)のステレオ再生により立体的で壮大なサウンドを感じられます


スポンサーリンク

なみに、TWSとは、True Wireless Stereoの略称であり、2つのスピーカーを完全ワイヤレスで接続する技術で、Bluetooth接続接続のイヤフォンとかに使われているやつだと思います。

現在、5,400円から購入可能で、3月末に製品が到着予定のようです。

なみに、ヘルメットに付けてしまって音楽を聴くって言う発想、素敵すぎますね。

り敢えず、使う場面が想像できないので、おっさんは塩漬けの製品となりますが、ヘルメットに付ける的な使用方法が必要になった場合には、即買いだなって思いました。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA