自在に選べる新型水中スクーター WhiteShark Tini(ホワイトシャーク タイニー)

コンパクトなシングル!パワフルなダブル!二つの仕様

WhiteShark Tini(ホワイトシャーク タイニー)紹介HP

動画で確認!

レ、欲しいです。

までも、水中スクーターの類いをご紹介したことがあるかと思いますが、使い勝手で歴代一位なのでは無いでしょうか?

いうのも、必ずしも水中に潜らなくても使えるからです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

中スクーターなのに、何故って思われますよね。

っさん、残念ながら、潜る趣味は無いのです。

いうか、水中は嫌い。正直に書くと、顔が濡れるのは大嫌いです。温水なら、大丈夫なんですけどね。

からといって泳げないわけでは無く、顔が濡れるのが嫌なので、顔を出したまま泳ぐのが楽な海の方が好きかもです。

あ、背泳ぎ(足だけで推進する)なら大丈夫なんですけどね。(笑´∀`)

れと、ダウン症の次男も海は大好きです。浮き輪を使って何時間でもプカプカしてます。

も、流されるので、引っ張って歩かないと行けない。


スポンサーリンク

んな時、今回ご紹介のような水中スクーターが使えないかとずっと思っていました。

も、そんない都合良く使える物はなかったのですが、今回ご紹介のWhiteShark Tiniには、オプションで本体を取り付けることができ、且つ、内蔵されたワイヤレスコントローラーでコントロールできるフロータープレートがあるんです。

レなら、凄く楽に遊べそうなので、欲しくなっています。

しくはHPに譲りますが、WhiteShark Tiniはまさに家族みんなで楽しめる水中スクーターですね。


スポンサーリンク

かも、旧来品に比べ小型・軽量化されたモジュールデザインなので、組み立てや分解が簡単な上、組み合わせのアレンジが可能で、持ち運びや保管も便利になっています。

ピード及びバッテリー駆動時間ですが、以下の通りです。
・シングルブーストは時速 5.0km または時速 4.0kmに、
・ダブルブーストなら時速 7.2km または時速 5.7kmに切り替え可能です。
バッテリー駆動時間は、ともに最長45分間です。

作方法ですが、本体と制御ハンドルの電源を入れたら、あとはグリップのスイッチを握るだけで、水中を自由に進みます。

ピードはボタン一つで切り替え可能で、スイッチを離すと自動で停止する安全設計です。←ここは重要です。止まらないでどこかに行ってしまったら、大変でしょ。

いう分けで、良いなと思っているわけですが、今年の夏は旅行でかけられるんですかね?

ロナが、治まっていないような気がしちゃうんです。

うだとすると、今年は使えない物に結構な投資をしてしまうことになるし、こういった物って、発展途上なので来年の方が良い物を買えるんでは無いかと思ってしまって、購入には踏み切れません。

当に、コロナのやつが憎たらしい。

も有効な手立てを打ち出せない政府・行政が腹立たしい。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA