ドリッパーとフィルターはもう要らない!

コーヒー粉をこすストロー「JoGo」

「JoGo」紹介HP(英文です)

動画で確認しましょう

うでしょうか?

便利っといえるのかな?

くは知らないですが、コーヒーだったか紅茶だったか、直接カップに入れてお湯を注いで上澄みを飲むって地域もあったような気がします。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

に、濾さなくても飲めると言えば飲めますが、口の中の残渣物はやっぱり不快ですよね。

れが、例えばコーヒーだったら、ドリップコーヒーを淹れるのに必要なドリッパーとフィルターの役割を、この細いストロー1本でしてしまうわけです。

かも、これは好みかも知れませんが、ペーパーフィルターやネルを使って濾したコーヒーでは、コーヒーの持つ油分の一部が吸い取られてしまうことがあるみたいですが、その心配も無く、本来コーヒーが持つ油分も含めた本来の味が楽しめるんだそうです。

然の事ながら、お茶、紅茶、ハーブティーなどさまざまな濾して飲む飲み物に適応するので、とにかく便利です。

に、アウトドアで使用を考えたら、消耗品で何枚か持っていかなければならないフィルターも要らないし、折りたたみ式のドリッパーを用意しない限り、ドリッパーは嵩張りますので、このストリー一本で済めば、どんなに便利なことでしょうか。

す部分、要するにフィルターは取り外し可能なので、簡単に綺麗に洗うことが出来て衛生的に使用できます。


スポンサーリンク

さに、ストロー1本という手軽さコンパクトさは、大いなる魅力ですね。

山など荷物を軽量化したい方は垂涎の一品ではないでしょうか?

うそう、一つだけ注意点があります。

たい飲み物は良いのですが、高温の飲み物は、ストローだと予期せず口の中に入ってきて、火傷の危険もありますので気を付けて下さいね。

記のHPKickstarterにてクラウドファンディング中で、19ドル→安いと思います!で手に入ります。

だし、日本への送料10ドルかかるみたいで、2021/9より発送のようですから、今年の夏のアウトドアシーズンにはちょっと間に合わないですね。


スポンサーリンク

ょっぴり、残念。だったら、日本での正式発売を待った方が、結果的にお安く手に入るかも知れませんね。

JoGo」を使って、どこでも手軽に美味しいコーヒーを楽しむという生活してみたいです。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA