アウトドアに大活躍!「簡単・高品質・高機能」テント NEW BLACK COT TENT

テント1台でキャンプや釣りが快適!!

NEW BLACK COT TENT紹介HP

動画で確認

んともはや、面白いテントです。

っさん、前々から実は今はアウトドアしていないんですって言っていますが、将来再開するとすれば、ぜひ欲しいアイテムです。

20代の頃、訳有って北アルプスの縦走やら何やらで、お盆前の8月上旬の何日間かは必ずテント生活してたんです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

士山は登ったことはないのに、槍ヶ岳は登った事があるなんていうように、『訳有の』って事です。

の時に困ったのは、涸沢ののガレ場での寝心地の良いテント生活が出来るかという点と、何より、雨対策でした。

置場所のゴツゴツは、ある程度銀マットとその他の荷物で何とかなりますが、急な強雨に関しては、基本的になすすべがなく、テントの中まで浸水なんていう事もあったように記憶しています。

も、コット(簡易ベッド)の上に設置できるテントなら、このようなことは何の問題も無くなります。

ットの下には荷物も置けるし、大きさ的には一人用のテントになってしまっても、十分な広さが確保で来るでしょう。

れにおっさんに取って有り難いのが、地べたからの起き上がり動作が不要になることです。

にかく歳を取ったら、この動作が嫌なんです。


スポンサーリンク

すから、まさにベッド感覚で寝泊まりできるこのテントが、強烈に欲しいんです。

ムニーシエラの中で車中泊しようとすると、金額的にもある程度の投資が必要になります。

も、NEW BLACK COT TENTなら、定価でも一人あたり15800円程、二人で31600円、仮にパートナーと次男と三人で出かけるとなると、47400円で快適な寝床が確保できます。

もそも、ジムニーシエラの中には3人は泊まれませんし、益々この商品に魅力を感じます。

あ、ただしコットは別代金で、1台当たり14000円です。

う考えると、高くも感じますが、使い方の可能性を考えたら、やっぱり魅力的です。


スポンサーリンク

しい仕様等はHPに譲りますが、裏面シルバーコーティングで、温度対策もしっかりされていて、ダブルタープシステム採用で全天候に対応しています。

 

いの日射はダブルタープで防御、さらに、シームシーリング処理がしっかりされていて雨対策はバッチリです。

んだか、キャンプしたくなってきちゃうな….



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA