あらゆる急速充電がこれ1つ。「スマートリンクカードPRO」

携帯する物は、ミニマルに! でも、機能は最大に!

「スマートリンクカードPRO」紹介HP

電環境というか、USBの規格というか、ドンドン変わって、今までの手持ちのタイプの物が、ドンドン陳腐化して使えなくなります。

といって、現役で使っている旧式のUSBのタイプもあり、本当にデスク周りは混沌として、くり返しになりますが『カオス』そのものです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

うした現実から生まれたと拝察したのが、今回ご紹介の「スマートリンクカードPRO」です。

さに、充電なら何でも来い! あらゆる急速充電がこれ1つ!


スポンサーリンク

かも、圧倒的に早くて大容量な充電ケーブルの手のひらサイズのオールインワンセット。

ーンコレ凄い!

もそも「スマートリンクカード」とは・・・?

1 枚のカードケースに 6種類の充電ケーブルが入っている、超優れモノなのです!

1. USB 電源から iPhone 充電(Lightning)
2. USB 電源から Android 充電(MicroUSB)
3. USB 電源からノート PCやスマホ(Type-C)
4. ノート PCやスマホ(Type-C)から iPhone 充電(Lightning)
5. ノート PCやスマホ(Type-C)から 旧型のAndroidなどの充電(MicroUSB)
6. ノート PCやスマホ(Type-C)から 新型のAndroid などの充電(Type-C)

お出かけや旅行の際、これ1つでOK


スポンサーリンク

スマホ以外にも、他のアイテムも充電できる!

機種の違う友人とも充電ケーブルのシェアができる!

・従来よりも電圧(V)と電流(A)を上げることで、より多くの電力(W)を供給できるように改良されたPD対応の充電ケーブるで、圧倒的に早い急速充電&パワフル充電が可能になってます。

いう事で、スマホだけでなくノートPCやiPad系の充電もできるようになっています。

論、ケーブルがいくら対応していても、アダプタ側が急速充電に対応している必要があるのは言うまでもありません。

なみに、電源アダプターは付属していませんし、100%全ての機器で対応しているわけではありません。

あでも、経験的にたいてい大丈夫でしょう。

れと、キャッシュレス決済用の最低限のカードを収納出来るポケットが付いています。

れ、おっさんには、今のところ何のメリットもないので、その分薄く製品を作って欲しいところです。

ーブル意外に、SIMカード取り出しピンと、取り出したnano SIMカードを収納できるスペース プラス Micro SDカードを収納できるスペースがあります。コレ便利です!

後に、Apple ユーザーの方に嬉しい、MFI 認証(アップル社が、他社製のアクセサリー部品とiPod/iPad/iPhone との互換性を保証することを示すもので、 MFi ロゴマークが付きます。)も取れていますので安心して使えます!

まあ、良いことづくめなのですが、さすがにちょっとお高めの6760円です。

れと、クラウドファンディングは終了していますので、市販まで待つ必要があります。

ーん、どうしようかな?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA