【ロボット型防犯カメラ】Scout

24時間365日常に見守り外から見られる・操作もできる

【ロボット型防犯カメラ】Scout紹介HP

動画をどうぞ!

ん、巡回パトロールしてくれる防犯カメラ好きです。

だ、先日ご紹介したAmazonがロボット「Amazon Astro」に比べると、ちょっと物足りない気もします。

参考:Amazonがロボット開発!「Amazon Astro」

れでもご紹介したのは、「Amazon Astro」が15万円以上する見込みなのに、Scoutは3万円以下で買えるからです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

かに、機能はある程度限られますが、動き回って監視をしてくれることについては、遜色が無いのでは無いかと思います。

視機能付FHD1080Pカメラ搭載で、昼も夜もクリアな映像が撮影できますし、動き回れるので死角なし快適モニタリングが可能です。

IP65防水仕様で屋内外仕様可能! 屋外で使えるのはポイントたきですね。

さいサイズ(70mm x 100mm x 110mm )で狭いところ、例えば家具の下や手の届きにくい場所を自律的に監視できます。

合によっては、これまでアクセスが大変だった場所で。業務として検査を行うことができます。


スポンサーリンク

イールが独特で、4WDメカナムホイールを採用しています。

カナムホイールは、任意の方向に移動できるように特別に設計されたホイールで、
とっても動きがスムーズ、且つ、全方向への移動を可能です。

4WDなので、駆動範囲も広くとれます。

でもオフィでも、建物のWIFIが届く範囲であれば、Scoutをリモートで導くことができます。

Scoutのマッピング技術を使用してルートを記録する事が可能で。

作や設定はアプリで簡単にできます。

ッピング技術は、いわゆるSLAM (Simultaneous Localization and Mapping) を使用しており、これは「自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術の総称です。


スポンサーリンク

SLAMでは、移動体が未知の環境下で環境地図を作成することができます。

SLAMを活用することで、あらかじめ部屋の形状が分かっていなくても、走行しながら部屋の地図情報を構築することができます。

SLAMにより、構築した地図情報を使って障害物などを回避しつつ、特定のタスクを遂行を可能にします。

害物を感知すると向きを変えて回避し、SLAMを実行してナビゲートし、自分の位置を知り、ルートに戻っていきます。

っぱり、凄い!

体やペットなどの動体が検出された場合、Scoutは警告し、13秒間のビデオを録画し、クリップをクラウドサーバに保存します。

し何か不審な動きがあった時は教えてくれるので、快適に過ごすことができます。

Wi-Fi経由で携帯電話やインターネットに接続し、双方向オーディオでライブHDビデオをストリーミングすることができます。

供や家族、ペットを認識、フォロー、および対話することを可能にするオーディオおよびビジュアルインテリジェンスが搭載されています。

守る対象と双方向やりとりできるし、動体探知したら警告を発し録画をてくれる。

れだけでも十分なんですが、楽しくプログラミング学習も出来ちゃうし、玩具として遊べる。

敵なロボって事ですね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA