元特殊部隊員が考案した護身具『守護臣』

凶悪犯から身を護る! コレなら、制圧できそう。

『守護臣』紹介HP

動画で確認!

画を見て、一発で解りますが、武術の未経験者、非力な方や女性でも襲撃者に対抗できる強力な護身具です。

種施設、自宅や学校などに設置しておくことで、有事の際に強力に命を守ることが出来ますね

い最近も、猟銃で母の医療を行った医師を、自宅に招き入れ射殺なんて痛ましい事件がありました。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

人は、何処にも怪我はないようですが、医療スタッフを殺して自分も死のうと思ったとかふざけたことを言っているみたいです。

近こういった事件。たいていの場合は、行きずりの縁もゆかりも無い人を巻き添えにして、死刑になりたかったとか訳の分からない連中が多いと思いませんか?

すのは、あるいは傷つけるのは誰でも良かったなんて奴の標的にされたら、死んでも死にきれません。

すので、何とか自分の身を守りたいわけですが、基本的に逃げることしか出来ません。

も、電車の中とかならどうしたら良いのか?


スポンサーリンク

戦するしかなくなると思いませんか?

あ、おっさん自身にその勇気があるとも思えませんが….

だ、百発百中の取り扱いの簡単な銃があったら、犯人に対して間違いなく使うと思いませんか?

うなんです。簡単に、相手を制圧できるものがあればそれを使えば良いんです。

だし、使い方が難しかったり、防御力(先制して、一発でノックアウトも含む)が十分でないと意味がありません。

は最近、おっさんの職場にも刺股が配備されたんですが、易々と刺股の餌食というかU字型のところに納まってく犯人っているんですかね?

人が弱ってからなら有効かも知れませんが、刺股があっても、きっと被害は出るでしょう。


スポンサーリンク

考えると、今回ご紹介の護身具『守護臣』は、案外理に適っていると思います。

だし、日常的に持ち歩くことは敵わないでしょうけど、各施設に常備しておくと、凄く心強いと思います。

の装備、動画にもあったかもしれませんが、田村さんという対テロや銃器犯罪・人質救出を主たる任務としたRATSという警察部隊に所属して方の会社で作られています。

して、その経験を基に2009年に田村装備開発(株)を創設し、『警察・自衛隊向けの装備品の開発・訓練の提供』『4号警備(ボディーガード)』『危機管理コンサルティング』『映画等への技術提供』などを行っているそうです。

員には、警察・自衛隊の元特殊部隊が複数在籍しており、戦闘職種への装備品提供・技術講習行っていて、今まで延べ1万人以上の警察・自衛官等その道のプロへ専門的なスキルを提供してきたんですって! こりゃあ、本物だ!

ので、護身具『守護臣』は、まさに考え抜かれた装備なんですね。

テリアルにはミルスペック素材だし、力が弱い女性でも最大の打撃が可能になっているし、止血帯まで付いています。

さに、現場を知るプロフェッショナルな方が考えて作ったものなんですね。

なみに、田村装備開発(株)のHPを覗くと、魅力的なアイテムが沢山掲載されています。

っぱり、軍や警察・消防などで実際に使われうる『本物』って、美しいというかオーラがあって欲しくなっちゃうんですよね。

殺しの道具にそんな事言うなって言われるとは思いますけど、おしなべて兵器って美しいって感じてしまうおっさんておかしいんですかね?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA