青木と格闘する季節となりました。

今年は、意外な物!?が活躍しました。

ょうど一年ほど前、青木の伐採について書き込みました。

参考:キッチン裏の青木を切りました!

の時も書きましたが、本当は植木屋さんにお願いした方が良いに決まっています。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

った枝も綺麗に持っていってくれるし、在宅していなくてもおっさんの家の植木くらいなら、仕事から帰って来る時分には終わっています。

だ、10万円位かかる費用がネックです。

ので、自己流で力技でやってしまうしかないのです。

年、上手いことにGWの時に良い感じ(邪魔になっているという事です)に伸びているので、休みを使って、伐採します。

ずは、マキタの電動バリカンで、手が届く範囲はそれでどんどん刈っていきます。


スポンサーリンク

にも書きましたが、マキタのブレード、直ぐに曲がってしまい動かなくなります。

も、良い感じの力をかけてやると、直ぐに復活します。

レが分かっていなかったときは、凄く悩みましたが、もう大丈夫です。

だ、やっぱり角度に無理があるのか、モーターをブレードに伝える部分が、もの凄く暑くなり、グリスが煙になる始末。

調整しないと駄目みたいです。


スポンサーリンク

レもそれも?、青木の旺盛な生命力のせいです。

にかく、丈夫であっという間に伸びてしまいます。

場が斜めだったり、やわらかすぎたりで上手く脚立が使えないので、こまめな手入れはなかなか難しい物があるんです。

キタが活躍した後は、高枝切りの登場です。

年買った物ですが、バッテリーが凄く小さくて心配なのですが、良い仕事をしてくれています。

だ、太い枝を切るには良いのですが、細い枝はしなってしまって効率よく切れません。

 

々苦労して、取り敢えず切れそうな物は全部切ったのですが、ざんばら髪みたいになってしまいました。

キタのバリカンを使いたいところですが、枝が太すぎるところもあり断念。

、無くなった親父が残してくれた刈り込みばさみが大活躍しました。

リカンで切れない枝も、しっかりハサミの根本で加えれば切れてしまいます。

父は、購入した日付を道具に書く習慣があり日付が残っていました。

25年ほど前に購入していました。懐かしい字に触れて、ちょっとほっこり。

だ、さすがにはこぼれが酷く、磨いだ位では復活しそうもないので、新しい物も買い求めました。

、考えてみたら道具にお金がかかれば、結果として高く付いてしまうのではないかという恐れです。

具を買えば買うほど、自力でするしか無くなりますね。

ーン、世の中上手くいかない物だ って言うか、まさに『選択することは、何かを失うこと』ですね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA