ラパンSS ホースクランプ付け直し+遮熱板の取り付け

今夏、乗り切れるかな。

ローオフバルブ取り付けした時に、ブローバイガスのリターンパイプ?のホースクランプが上手く出来ず結束バンドでお茶を濁していたのですが、やっとしっかりクランプできました。

参考:ラパンSS ブローオフバルブ取り付けました!

するに、フロントグリルを外さないで取り付けたばっかりのミスでしたので、フロントグリルさえ外せば、なんということも無い5分ほどの作業です。

かし、このラパンSS、一体全体何回フロントグリル外したことやら…


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ってから8ヶ月くらいだけど、きっと10回弱脱着しています。

をしてるんだか….

て、エアクリーナーを、HKS スーパーパワーフロー70019-AS106からZERO-1000 106-KS003に交換して、随分とフロントグリルにクリーナー部が近づいて、冷たい空気が吸えるようになったとは思います。

も、エンジンの直近の空気を吸っていることには変わりが無いので、遮熱板を作って見ました。

参考:ラパンSSのエアクリ換装した!

たまた、途中経過は省略になりますが、段ボールで型を作ってアルミを切断→加工の順番となります。


スポンサーリンク

取りの際、固定場所を考えておくと楽です。

回は、ノーマルのエアクリーナーを支えていた穴にボルト止めとZERO-1000 106-KS003のステーのボルトと共締め、さらに、フロント部に新たに作ったステーの3箇所で支えていますが、結構ガッチリ留まっていますし、干渉もなく仕上げる事が出来ました。

mmのアルミ板を使ったので、切断には先日買ったマキタのディスクグラインダ18V 100mm GA402DZが大活躍しました。

っぱりコードがないと、作業効率が桁違いですね。

だ、サンダーは結構バッテリー食うようです。


スポンサーリンク

備がないと辛いかもです。

て、遮熱板の効果がどれほどかは、後日、温度を測って調べてみますね。

足ですが、やっぱりフロントブレーキパッドとローター交換しようかと思います。

力でやってみるかな。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA