ラパンSS マフラー交換

30年ぶり?に自分で交換しました。

題にあるように、自力でのマフラー交換は、かつて乗っていたCappuccinoで2回交換して以来です。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ので、もしかしたらもっと短い間隔かも知れませんが、約30年かなって思ってます。

れ以降は、全てショップ任せでしたので、車にウマをかけて滑り込むのもそれ以来でした。

うそう、交換するのに必死で、途中経過とか一切写真がありません。悪しからず。

換したのは、フジツボ レガリスK Legalis Kです。

 

前に、YouTubeで予習しました。本当に、便利な世の中です。

ると、どうやら、リヤを上げるだけだと、アクスルにマフラーエンドが引っかかって抜けなくなるようなので、前後ともウマをかけました。


スポンサーリンク

ころが、まず、ウマをかけるのが一苦労です。

ず、フロント側をリフトしようと思ったら、手持ちの古いガレージジャッキのリフトアップ量が不足して、純正指定のジャッキアップポイントにウマがかかりません。

方が無いので、ガレージジャッキの下に板を敷いて何とかクリアと思ったら、右側がまだ足りない。

こで、これまた30年ほど使っていなかった、カヤバの油圧パンタグラフジャッキを使いました。


スポンサーリンク

レ壊れてるのって位ゆっくりとしかリフトしませんでしたが、何とか成功です。

に、リヤですが、こっちはすんなりウマがかけられました。

ころが、やっぱり高さが不足していて、滑り込むのがちょっと憚られてしまいます。

も、ボデーの右側から、中間パイプとマフラーの接合部にアクセスできたので、ここから作業しました。

ずは、焼き付いたボルトに、5-56を塗布。5分ほど経っても、回せません。

そこで、買っておいた新兵器KURE 凍結浸透ルブを使うと、案外すんなりとボルトは外れました。

は、3箇所の吊り下げゴムを外せば、外れるはずです。

ころが、YouTubeの動画にあった事態に!

れないんです、マフラーエンドが…

ら、車検対応マフラーに交換しているから、純正マフラーは不要と判断して、グラインダーでサクって切断しちゃいました。

YouTubeの動画でも、同じコトしている人がいました。やっぱりね。

こまでくれば、後は取り付けだけ。

ガリスは、マフラーエンドが分割となっているので、非常に簡単に取り付けができました。

気漏れを確認して、作業終了です。

んだかんだと2時間くらいかかってしまいました。

、エンジンをかけると、思いのほか静かです。

際に乗って、6000回転くらいまで回しても、やはり、静か…

あ、あまりやんちゃな音も大人げないし、藤壺のHPではパワーも上がっているみたいだし良しとします。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA