熱交換方式の冷風機 ドライクーラー

ミストも水フィルターも使わず空気を冷やす。

ドライクーラー紹介HP

動画で確認しましょう。

ゲー期待して動画見たんですが、結局水と氷の類いは必要なんですね。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

わゆる冷風扇って、涼しい空気が来るのは分かっているのですが、水に空気を当てて冷やしているので、どうしても湿気を含みます。

湿度が上がれば、冷風扇を止めた後は、余計に暑く感じるはずなので、使った事がありません。

も、吸引した空気を熱交換方式で冷却して涼風にするクーラー方式の冷風機なら、空気の湿度は上がりませんよね。

ので、部屋をジメジメさせないし、極端に冷たい空気が出てくるわけではないので、凄く身体には良さそうです。


スポンサーリンク

ち運びも楽そうだし、なかなかも知れません。

なみに、冷風は最大室温の-7.7度みたいですね。

するに氷を入れたアルミチューブの周りに空気を流し冷やしているので、空気そのものは湿度が上がらないんです。

だ、アルミチューブの中の物が室温になってしまえば、冷却効果が無いわけですね...

白いのは、この冷却の肝であるアルミチューブを500mlのペットボトルが入る大きさにしたことだと思います。


スポンサーリンク

の方式なら、氷の入れ替えが面倒くさく無いですね。。

却効果が無くなったペットボトルを抜いて、凍ったペットボトルと交換するだけなので、凄く楽です。

だ 水だを入れ替えるのは手間ですが、ペットボトルなら本当に手間無しですね。

れと、アルミチューブなんて気楽に書いていますが、いくつものフィンが付いた本格的なヒートシンク構造になっていますので、性能は間違いないでしょう。

売予価は、14800円。ちょっと高い印象です。

も、今なら10800円で購入できます。

だ、3倍のお金を出せるなら、設置工事不要のエアコンが手に入ります。

れと、ヒートシンクを持つ本格構造は当然無理ですが、前にも書いたように、ハンディー扇風機と発泡スチロールの容器と保冷剤があれば、自作できちゃいます。

好や効率は問題にならないくらい良くないでしょうが、低価格で気楽にドライな?風は得られますよ。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA