やみつきになる打鍵感!キーボードK618

人間工学設計で長時間も快適|心躍る体験!

キーボードK618紹介HP

動画で確認!

っさん、メカニカルキーボード大好きです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

までも、コレについては過去にも書きました。

にかく、あのカチャカチャという音が好きなんです。

ートパソコンの中途半端なというか極小のストローク、何の音もしないキーボードを叩くと、気持ちが萎えてしまいます。

ので、職場であてがわれたコンピュータは、まず、使いません。

っとも、メカニカルキーボードを付けてしまえば良いわけで、そんな際には今回ご紹介のキーボードK618はピッタリかも知れませんね。


スポンサーリンク


だし、21種類のRGBダイナミックバックライトで光が溢れる機能は仕事場では使えませんね草。

もそも、なんでメカニカルに拘るかというと、ちゃんと押した感があるので、入力ミスをしづらい気がしますし、何と言っても、リズミカルにカチャカチャ言ってくれると、仕事している感半端ないんですよね。

だ、周りの人は迷惑でしょうが….

ので、メカニカルキーボードを職場の自分専用パソコンでも自宅でも使っているのです。

も、なかなか手に馴染むちょうど良いサイズのメカニカルキーボードには出会うことがないので、自宅のメインキーボードはPS/2の接続端子しか持たないatessa FALCON BLACKを使い続けています。

かも、2回も丸洗いしても、まだちゃんと動いているのです。


スポンサーリンク

参考:まさかのkeyboard丸洗い-2回目 2018/06/26追記あり

れ、フルキーなのにコンパクトなので、コレに変わるものがなかなか見つかっていません。

思っていたら、今回ご紹介のキーボードK618に出会ってしまったのです。

度調整可能なスタンドを装備してるし3つの接続モード、スマホやタブレットでも気軽くに使用出来るみたいだし、もう神って思いました!

さのあるキーのひとつひとつに入力スイッチ機構が搭載され、しっかりとした押し感と跳ね返し感(レスポンス)がある、素敵すぎです。

レがあるから先ほども書いたようにミスタッチが減り、仕事の効率や正確性が上がるんです。

た、人間工学に基づき、キー面が手のひらのカーブに沿うように設計で、効率的で快適なタイピング実現しています。

かも、好みに合わせて打鍵感や打鍵音の異なる青軸、茶軸、赤軸の3種類を用意されているなんて!

っさんは、やっぱり青軸ですけどね!

思って、よく見てみたら、あらら、テンキーがない!

念です。

テンキーがないと、おっさん使うの嫌なんです。

残念だー!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA