エッ、ウソ! Jimny Sierra スペアタイヤハーフカバーデカール

純正オプションだと8030円です!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

真のスペアタイヤハーフカバーデカールが欲しくて、Amazonでポチッとしました。

段は、送料手数料込み6250円+送料で、7050円です。純正の本体価格は、6600円ですから、それよりは安いですが、送料を入れると高くつきます。

ィーラーで、本体だけ取り寄せが良いかも知れませんね。

ころで、おっさん、てっきりプリントがしてあるスペアタイヤハーフカバーが来るんだと思っていました。

も、ちゃんとデカールって書いてありますね。要するに、シールって事です。


スポンサーリンク

られてきたのは、まさに、デカールそのもの。

も、これが6600円て! 高すぎませんかね。しかも、ディーラーで貼って貰うと、参考工賃が1430円て高過ぎに感じます。

っとも、工賃に関しては、1時間あたりいくらと決まっていて、それを元に計算しているのでしょうから、こんな物かも知れません。

だ、写真を見て貰うと分かるように、ちゃんと位置が決まるような切り欠き等があるので、素人でも貼れます。

あ、事前にやる事と言ったら、カバーの貼り付け面の脱脂くらいです。


スポンサーリンク

んだかんだと言っても、作業は5分程の物、自分で貼り付けるのがお薦めですね。

れにしても、二枚のデカールが6600円てどういう事なんでしょうかね?

色系が退色しないとか、長時間貼っていても縮まない、糊が流出しない、簡単には剥がれない等、純正部品であるからこその高い品質なのかも知れません。

もやっぱり、高すぎるような気がします。片方が1500円、両方で3000円だったら納得もしますけど。

正品であり、厳しい品質を求められていると共に、あまりたくさんさばける物でないので高いという事なのでしょうかね。

う考えると、やっぱり純正品のオプションパーツって高くて当たり前なのかも知れませんね。

かなか難しい問題のような気がしますけど、皆さんはどう思われますか?

の件の真相を知っている方が、是非教えてください。

正品にこだわらなければ、下記のようなスッテーカーありますよ。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA