三脚内蔵&伸縮可能な小型スマホジンバル L08

スマホでプロのような動画撮影を。

L08紹介HP

もそも、ジンバルって何って方いらっしゃいますよね。

ンバルって、撮影者のカメラを持つ手が傾こうが、振動しようが、そのまま何の影響も受けずにカメラを保持してくれる物です。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

っと、詳しく言うというか、グーグル先生に聞いたら、以下の回答となりました。
『ジンバルは3軸電動ブラシレス・ジンバルと言い、ビデオで発生しがちな手ブレを画期的に補正する機械です。 最近カメラの中にも「空間手ブレ補正」等の機能が備わっていますが、ジンバルの場合は細かな振動だけではなく、歩いたときの大きなブレをもピタっと補正してくれます。』

れっ、例えばビデオカメラって、手ぶれ防止装置が付いてるじゃんって思いますよね。
でも、何かの拍子に、カメラが横倒しになったら、そのまま映像が撮影されてしまいますよね。

も、ジンバルなら、水平を維持してくれるんです。

ので、プロが撮ったような、ブレの無い滑らかな撮影が可能なんです。

えてみてください。例えば、撮影者が走リながら撮影しようと思ったら、おそらく撮影された映像は、ガチャガチャで見るに耐えないでしょう。

んな際は、まさしくジンバルの出番です。


スポンサーリンク

て、今回ご紹介の製品は、このジンバルに、三脚がくっついているんです。

なると、普段使いでの出番がぐんと増えますよね。

かも、別々に用意するより、圧倒的にリーズナブルです。

マホ用ジンバル「L08」のオススメポイントとして挙げられていることを、下記に列挙しますね。

・多機能モード搭載で様々なシーンに適用

・360°回転、手ブレ補正機能付きでプロのような撮影を実現

・ワンタッチで横/縦を簡単切り替え

・伸縮可能で自撮り棒としても利用可能

・三脚内蔵、好きの場所、好きな角度で撮影

・ワイヤレスリモコン付き、10m以内の遠隔操作が可能


スポンサーリンク

ん、便利です。欲しいな、コレ。

回、動画でご紹介できないのが残念ですが、HPには、多数掲載されていますので、ぜひその性能の一端をご覧下さい。

お、今回ご紹介のジンバルは、電動1軸タイプのジンバルで、電源を入れると、スマートフォンの画面が固定され、手を左右に動かしても、自動制御で画面位置を保ったまま撮影が可能となります。

軸だから、リーズナブルなんですね。まあ、そういう事でしょう。

Micro-USB充電ケーブル付きで、1回のフル充電で、約120分作動できます。

力が足りなくなると赤いランプが点滅し、充電が必要と知らせてくれます。こういった機能は、実用上、凄く大事なので、親切に思います。

て、おっさんは、買うのか? 欲しいんですが、実は、撮影すべき対象がないというか、写真も動画もまったく撮らなくなってしまったので、今は、宝の持ち腐れとなってしまいます。

全に引退して、写真を撮るようにでもなったら、検討したいと思います。

あ、孫でも出来たら、撮りまくりかも知れませんからね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA