未来感溢れるドリフト体験! 本格仕様Gokart PRO登場

世界のセグウェイから!

Gokart PRO紹介HP

動画を確認!

だか知らないけど、やたら面白そうですね。

みたいに、サーキットや、舗装された道路でのドリフトが流行る遙か昔、ドリフトは、ラリーカーの専売特許みたいなところがありました。

あ、第一回日本グランプリの頃は、タイヤがプアーだったので、その当時の車は、期せずしてドリフトしてましたけどね。

の当時の車は、乾燥したアスファルトの道路で、ドリフトに持ち込んで維持できるほどのエンジンパワーも無かったし、もしドリフトできたとしても、その速度域で無理なく走らせることが出来る人は、あまりいなかったんだと思います。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ので、おっさんなどは、ダートに持ち込んで、ドリフトさせて遊んでいました。

しいですよね、ドリフト!

にもどこかで書きましたが、スキーでもスケートでの横に滑らせている感覚って、とにかく楽しくて仕方がありません。

も、若さを失ったし、もしもの時の事が重くのしかかる現状では、ダートであっても公道では、それを楽しむ勇気も、もはや、テクニックもありません。

れでも、20年くらい前かな、スケートリンクでカートを走らせた時は、凄く楽しかったです。

でも、スリックカートって言うのがあることは承知していますし、楽しそうだなって思っています。

だ、パウダーをまいて滑らせるらしいので、基本屋内だけみたいですし、速度も低いようです。


スポンサーリンク

白さは、十分あるのでそれでも良いとは思うのですが、出来れば屋外で、それも、結構なスピードで楽しみたい気もします。

こで、あのSegway-Ninebotがお届けする、スマホアプリ操作で調整可能な次世代ゴーカートをご紹介です。

度やパワーオーバーステアの調整機能まで完備に出来ちゃいます。

シスト機能で誰でも簡単プロ並みのドリフト体験出来る優れもの。

高時速37km/h、荷重量100kgまで対応!大人も興奮の最大加速度1G越えで疾走感を体感出来ます。

は、Ninebot Gokart PROには2つのホイールハブモーターが各リアタイヤに独立して接続されているため、独自のスタイルや状況に合わせ、スマートフォンのアプリからドリフトの調整やアシスト機能のオン・オフまで設定可能なんです。

れは、一つの動力を分岐して駆動しているエンジン付カートでは、絶対に出来ないですね。


スポンサーリンク

するに、アシスト機能でのドリフトは、ドリフト時に各リアタイヤに異なる出力を提供する事で、誰でも簡単にプロのようなドリフトが可能になっているんです!

しい説明は、HPに譲りますが、この面白そうなカートが、実に278300円で購入出来ちゃいます。

いですね、これ。

通の屋外のカート場に持ち込めて使えるなら、エンジン付のカートに比べて、圧倒的に安く遊べるのでは無いでしょうか。

だ、少し、筐体が小さすぎる気もします。そこがネックになることがあったら困りますね。

れから、車載しても電動なので、ガソリンやオイルの液体に気を付けなくても良いので、車載も楽でしょうし、ランニングコストも随分と低額で済むのでは無いでしょうか。

状のおっさんには手が出ず、残念ですが、いつかはレンタルでも乗ってみたいと本気で考えています。

グウェイそのものも、乗ってみたら、滅茶苦茶楽しかったし、とにかく移動はモーターというか電動が当たり前の世の中になるのでしょうね。

も、純粋なエンジン付だけのものは無くなるみたいだし。

も、使い勝手が悪くても、エンジンの魅力ってあるんですけどね。

て、どうなるんでしょうか?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA