アウトドアにピッタリ! USB式ホットマット JPホットマット

保管が便利で、移動が自由なマットです!

JPホットマット紹介HP

動画をご覧下さい。

画をご覧頂ければ一目瞭然、要するに電気毛布なり敷きパッドなりブランケットなりの類いです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

までも、USB電源で使えるものがありましたが、JPホットマットは薄い無電子系熱線と生地の特性で軽量重量と小さい体積でる事に大きな特徴があります。

成品に含まれた固定バンドでぐるぐる巻いてポーチの中にすっぽり収納でき、持ち運びが非常に楽です。

すから、車中泊はもちろん、キャンプ、バックパッキング、登山、釣りなどすべての野外活動に気軽に持ち運べます。


スポンサーリンク

れと、割り切った設計なので、逆にちょうど人一人が寝るのに適した大きさになっています。

JPホットマットは安全のために最高温度45℃に設定されています。ここがミソですね。


スポンサーリンク

えば、家庭用電気カーペットは高い保温力のために150-200Wの遥かに大きな消耗電力が必要ですが、カーペット単体で十分暖かく、機密性が高いマンションの小部屋なら、これだけで室温が上がることさえあります。

も、JPホットマットは最小限の消耗電力で(10W/最高温度基準)適切な温度維持に最適化されたホットマットなんです。

ういう事かというと、最高温度45℃ですが、輻射熱方式でマット単独使用ではなく、寝袋などと一緒に使用するか、電気敷き毛布のように、このマットの上で布団をかぶって使用すると、十分に暖かい温熱効果を感じることができるようになっています。

もところで書いていますが、この電気敷き毛布方式は、おっさんが寒い冬に実践している方法で、最小の消費電力で十分暖かいです。

だし、どうしてもモバイルバッテリーは大容量を必要とします。

奨仕様:容量10,000mAh以上、出力2.0A以上推奨となっていて、最低でも1500円以上します。

れ、この容量、今や当たり前なんですね。けっして大容量では無いのですね。反省。

だし、この容量以下のバッテリーを使用すると暖房効果が不十分であったり、正常に作動しないことがあるみたいなので、容量に余裕を持たせた方が良さそうです。

、おっさん思うのですが、この製品非常用に買って置いても良いかも知れません。

電してしまっても、バッテリーさえあれば、寒くて眠れないなんていうことは回避出来ますから。

しかしたら、避難所でも活躍するかもですね。

うそうやっぱり車中泊がど真ん中かも知れません。

ょっと欲しいなって思っています。ただ、定価7400円は、買えないな。ショボン。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA