一瞬でセットアップできる一脚「Steadify」

手ぶらで移動、片手でセットアップ。

「Steadify」紹介HP

動画で見てみましょう!

んか凄いですね!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

っさん、一眼レフは処分してしまっていて、実際に購入する事はないのですが、どうしても気になってしまいました。

Pの本文にもあるのですが、基本的に良いカメラって大きくて重いと思いませんか>

れに、高性能のレンズも重い!

遠だとさらに重い。


スポンサーリンク

ので、腕が疲れてくるとブレの原因になったりしてしまいます。

つては、一日中、人物の写真を撮影することがあり、しかもスタジオとかではないので、スタンドも使えず、腕が疲れて大変でした。

方には、パンパンってやつになっていました。

も、この製品があれば、そんな心配は無用ですね。

く考えられていて、動画を見れば分かりますが、一回装着してしまえば、体の動きを制限することなくどこに行っても直ぐ使えます。


スポンサーリンク

晴らしいの一言ですね。

もそも、三脚をザックのサイドポケットとかに入れて持ち運ぶのが面倒だし、一回事に展開して収納してなんていう事をやっていたら、時間ばかりくってしまって、目的地に行くのが遅くなるんじゃないですかね?

あ、純粋に撮影旅行なら良いのかも知れませんが、おっさんはちょっと無理です。

Steadify」の操作は非常に簡単。

単でなければ意味がないですから当然ですが、何と手元を見ずに、片手で操作ができてしまいます。

につけたSteadifyの棒をシュッと自分の目線の高さまで伸ばして、キュッと捻って固定。

じられないですが、操作はこれだけで完了です!

ぐに、カメラを構えてシャッターを切れます。

れなら、決定的瞬間を逃す可能性も小さくなりますね。

なみに、構える高さは、人によって好みの高さは違いますが、無段階調整なので好きな位置にカメラを固定することが簡単にできます。

に装着しているときは気にならないと思うのですが、写真を撮りたい現地までは、装着したままという分けにも行かないでしょう。

も、薄型のデザインで脚の部分も短く縮めることができるので収納も楽々のはずです。
旅行や登山などで沢山の荷物をリュックや鞄に詰めていたとしても、空いている隙間にスポッと収まるはずです。

らにオプションのクイックリリースボールヘッドを使えば、スタビライザーと組み合わせることができたりと可能性は広がります。

れ、個人で映画とか撮影するのに凄く調法するでしょうね。

なみに、重さは500Gほどですから、まさに装着時は気にならないでしょう。

だし、難点が一つ。

っかりとして製品ですから、仕方が無いのかもしれませんが、一般販売予定価格:\42,800(税込)は、さすがに高いかな。

だ、登山等でアクティブに活動する方が、写真も綺麗に撮りたいとなったら、必須アイテムでしょうね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA