Pioneer NP1の案内が来た!

面白い商品ですね。Wi-Fiルータに、付加価値を付けてます。

Pioneer NP1公式HP

っさん、既にPioneer車載用Wi-Fiルーター DCT-WR100DをラパンSSに導入して、便利に使っています。

NP1は、この拡張発展版なんですね、きっと。

参考:車載用Wi-Fiルーター DCT-WR100D

っさんの場合は、中華製アンドロイドナビを導入したため、Wi-Fi環境が必須で、最初は、スマホのテザリングで何とかなるかと思っていたのですが、あまりにも使い勝手が悪いので導入した次第です。

グニッション オンで立ち上がってから、実際にWi-Fi環境が使えるようになるのに、少し時間がかかるのが難ですが、非常に快適に使えています。

 

ので、今回ご紹介の『会話するドライビングパートナー「NP1」』も期待するところではあります。

Wi-Fiルーターとしての機能はおそらく変わらないと思いますが、その為のDoCoMoの回線使用料は13200円に対して15840円とちょっとお高くなっています。

思ったら。回線使用料は変わらないみたいです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

の差は、なんだと思ったのですが、後述するクラウドの使用料なのかも知れません。

もかく、Wi-Fiルーターが車内にあるって、本当に幸せですよ。

iPadとかの取り付け器具を使って、後席の子どもに映画をはじめ、好きな動画を見せることも出来るし、とにかくDVDとか用意しなくていいわけだから楽です。


スポンサーリンク

うそう、ご案内の通りWi-Fiの使用は無制限ですので、動画見まくっても全然大丈夫です。

て、この特長を生かしたのが、今回の「NP1なんだと思います。

ライブレコーダー機能を持たせ、その録画をWi-Fiを使って、クラウドに保存としたところが素晴らしいです。

通は、SDカードな訳ですが、定期的にリフレッシュ?しないといけないみたいなのですが、定期的にしている人はあまりいません。

うなると、大事な画像が録画されていないなんて言う事になってしまいます。

も、クラウド利用なら、その心配はありません。

いうことで、NP1は、有事の際でも確実に録画がされていて、スマホでカンタンに映像確認ができます。

ラレコとしても、大した物で2カメラです。


スポンサーリンク

だし、リヤカメラは本体に付いていますの、で室内からの撮影映像の録画となります。

れは考えようで、室内の同乗者と楽しい時間を録画できる、リアに設置だと映らないサイドの画像も残せる、一番大きいのはリヤカメラ設置の手間が無いとメリットも大きいですね。

し、DCT-WR100Dを導入したときNP1があったら、絶対NP1買ってたな。

格は、通信量1年間込みで65780円、きっとネオトウキョーミラーカムR MRC-2020R+DCT-WR100D本体価格+1年分通信量の方がお高く付いたと思います。

参考:ラパンSSにデジタルミラー型ドライブレコーダー付けました!

ころで、NP1が一番の売りにしている「スマート音声ナビ」なんですが、おっさんは???かな。

かに、「クルマや車内の機器は 著しい進化を遂げて、その増加した機能の操作・確認に 目や手を使うものが多く、ドライバーには大きな負担やストレスが掛かっている」と思います。

から、声だけで操作・案内するカーナビ機能を持たせたというのは理解は出来るんですが、使いやすいんでしょうかね?

いうのも、例えば歩いて知らない目的地に行くとき、スマホのナビに音声ガイドで誘導してっ貰うわけですが、結局画面も見ちゃってます。

声だけだと、周囲のことが分からないので、おっさん的には不安な分けです。

さんは、大丈夫なのでしょうかね?

だ、常にWi-Fiに繋がっているので、音声ナビのマップか最新です。

も、これはアンドロイドナビでも同じ事ですね。

しいことはHPに譲りますが、オプションを付けると駐車時の監視も可能になったりします。

i-Fi環境とドラレコを同時に必要としている方には、絶対の推奨を致しますね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA