これまで経験したことのない新世代EMS誕生 Rewears2

手で直接触りながら筋肉ケアができる!?

Rewears2紹介HP

まった筋肉の正確なポイントを低周波EMSで刺激して、専門家レベルの筋肉ケアができる機械なんですって!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ん?、低周波EMSってなんだ?

Google先生に聞いたら『EMSは電気で筋肉を刺激することにより、通常の運動よりも効率よく筋肉を動かし、筋肉中でエネルギーを消費して高い運動効果を得ることができます。 対して低周波は、周波数の低い電流の刺激で神経や筋肉に働きかけ、マッサージのような作用でこりを和らげたり、働きの悪くなった筋肉を動かしたり、疲労を回復するなどの効果があります。』
と出てきたけど、二つ合体したものがどんなものかは良く分かりません。

まった筋肉のケアは、例えばバイブレーションボールを使ってやっていた時期があります。

参考:バイブレーション・ボール使って見た

は、主にマッサージガンでよりピンポイントに行っている感じになります。

れなりの効果を実感しているのですが、より簡単に効果が出るのかなと思って、今回ご紹介のRewears2をご紹介します。

EMSって、筋肉増強が専売特許かと思っていたのですが、リハビリにも使われているのですね。

とすれば、筋肉増強目的でなくても、調整してくれるのは理解出来ます。

製品は、9段階の強さ調節ができ、筋肉の部位に応じて、体の隅々まで好きなモードで筋肉ケアがでちゃいます。


スポンサーリンク

大の特徴は、手を利用して筋肉のケアができるEMSグローブでしょう。

先を使えば、適格にケアすべき筋肉を触れると思いますので。

だ、当然、深部の筋肉への直接のアプローチは無理なんだと思いますけどね。

白いのは、低周波EMSの本体と実際にそれで駆動するものが別々であるという事です。

周波EMSの本体一つで、展開するEMS製品(つまり駆動する製品)全て互換が可能です。

いうことは、取り敢えず必要なデバイスだけ買って、後からデバイスを買って拡張することも可能だという事です。

く良い発想だと思います。

ろいろと付属品がついてくる製品ありがちです。

んでも付いてくるので、有り難いは有り難いのですが、付属品のいくつか(もしかしたら大部分!?)は使わなくありませんか?

するに、使いもしない物にお金を払っているわけです。

でも、Rewears2ならそんな心配が無いわけで、神ががかっていると思いますよ。

論、ワイヤレス充電でどこでも使えます。


スポンサーリンク

た、これまたもちろん自動タイマーも実装しています。

だ、最大の難点はお高いことかな。

体が、販売予価10800円、EMSグローブが10000円(2枚一組)となっています。

だし、今現在は上記二つをセットで12800円で買えます。

ーン、おっさんはちょっと手が出ませんが、買うなら今ですね。

うそう、製品の細かい解説等は、HP見てくださいね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA